« January 2005 | Main | March 2005 »

February 27, 2005

Margaret Howell Cafe

cafe

HIROは、週末の決まり事の様に今朝も早くに、南房総まで波乗りに
でかけていきました。本当はお供して、MAUを砂浜で思い切り走らせ
たいところですが、いささか日帰りでは遠すぎます。

残されたERI&MAUは、午後からのんびりいつもの公園へ。
鳥を追いかけ、沢山走ったあと今日は、NHKの方に抜け渋谷の
公園通りの裏通りあたりを歩いて見ました。

すると、瀟洒なマンションの1階にカフェを発見♪
暖かそうな毛布や、大きなストーブも用意してあったので
ちょっと立ち寄ってみることに・・・。
実は、こちらはマーガレット ハウエルが、世界ではじめて
オープンしたカフェ(写真)だそうで、洋服、雑貨などのあるショップに
併設されていました。(テラス席があります)
イギリスから直輸入しているという紅茶を頂きましたが、
とても美味しかった・・・。
メニューには、スコーンやキッシュ、ホットサンドなどもあって、
軽いランチも出来そうでした。

渋谷の喧騒は感じられず、静かで落ち着いた雰囲気がお薦め。
これから季節が良くなったらもっと気持ちが良さそうです!
思わぬところに、またMAUと一緒に行ける空間を発見して
嬉しい午後のひとときでした・・・。  おしまい。

マーガレット ハウエル ライフスタイルショプ神南
電話 03-5459-3721
住所 東京都渋谷区神南1-13-8
営業時間 11時~20時

| | Comments (4) | TrackBack (0)

February 26, 2005

我が家で楽しく!with イタリアワイン

dinner-with-home

風が冷たく、寒い一日でした。
先週、春一番が吹いたはずなのに真冬に逆戻りです。

またまた。楽しい週末。
今晩は、普段本当にお世話ばかりかけている友人達をお呼びして、
我が家でディナー with ワイン。ワインは、この日の為に厳選しました。
本日は、赤、白ともに、陽気にイタリアワイン♪
朝から、グツグツトマトソースをつくったり、ちょっと車を走らせて
美味しいプロシュートやバケットを買いにでかけたりと、なんだか
ウキウキ気分です♪

本日のメニューは、栗原はるみさんのレシピより
*沢山のキノコのマリネ風サラダ
*自家製トマトソースで、お豆腐のラザニア
*ローストチキン、ハーブバターを添えて
おつまみは、フレッシュなパルマ産のプロシュートと
シェーブルのフロマージュと焼きたてのバケットでした。
デザートは、これまた簡単だけれど、とっても美味しい
イチゴのマスカルポーネソースです。

☆お話しに夢中で、写真のことなどまったく忘れ画像はなしです、汗

はるみさんのおもてなしレシピは、普段の食事の材料で出来るもの
ばかり。器のセンスもよく(これ大切!)お味も好みなので、いつも参考
にしています。
とにかく、あまり時間をかけずに作りましょ!というのが基本にあるので
ERIには、向いているのかもしれません。

「おもてなし」というのは意外とむずかしいもの。
美味しいお食事やワインををさしあげるのはもちろんだけれど、
やっぱり皆で楽しむことが、一番大切・・・♪

皆様、
何か簡単なおもてなしレシピがありましたら、ぜひご教授くださいませ!

本日のキュートなゲスト達・・・& ついでにトリミングし立てのつるん子MAU

honeyatommauhome

| | Comments (4) | TrackBack (1)

February 23, 2005

Congratulations!

tero2

鳥居坂にあるワインレストランは、昔から大好きなお店です。
Terroir テロワール
テロワールとは、ワインの世界では良く使われる言葉で
そのワインに使われるブドウの生育環境(畑の土壌や地形、気候)
をあらわす言葉です。
その名前に負けないような、いつ訪れても満足のお味とサービス
のお店だと感じています。

今晩はこちらで、とってもチャーミングなお友達のご結婚の
お祝いのお食事会を♪

お祝の席にピッタリの、キリット冷えたシャンペンを
頂いたあとは、ボルドーの赤 シャトーメイネイ↓
tero

そして、そのあと、またまた美味しいシャルドネを頂いたりしている
うちにあっという間に時間が過ぎてしまいました。

tero1

こちらは、最後のデザート・・・
お店の方に、「今日はお祝いなのよ」とお話しすると、
突然こんなサプライズが!とてもかわいい演出でした。

ナオちゃん、
きちんとお祝の言葉も伝えることが出来ずにごめんなさい。

これからはじまる、彼との人生。。。
ふたりでステキな人生を過ごしてください。
素晴らしいご両親のもとで育ったあなたは、きっとご自分の
家庭も同じように、愛情いっぱ~いになること間違いないですネ
Wishing you everlasting happiness!


| | Comments (5) | TrackBack (0)

February 22, 2005

食欲旺盛!

   最近のMAUは、とても元気!
   朝のお散歩から帰ってくると、私達が出勤する時間まで
   大好きなおもちゃでひとり遊び。それは、楽しそう♪♪

   ここのところ、食欲もあってほとんど「完食」してくれるので、
   とても作りがいがあります。野菜も殆ど残すことがありません。やはり
   食欲があってしっかり食べているときは、元気度がちがいます。
   体重こそかわりませんが、筋肉がしっかりついてきたようです。

                 gohanmada

   私がキッチンに立つと、境界線で(キッチンは立ち入り禁止)
   ちょこんとおすわりをして
   「おかあしゃん、きょうのお献立はなぁに?」と言った表情で、
   ジっとこちらをみつめています。 視線がイタイ!

   MAUの食事のメインになる肉類は、Miwaちゃんと共同購入。
      さまざまな種類の物を、一緒に頼んでシェアしています。
      高タンパクなターキーやラム、その他内臓類や骨付きのもの。
      新鮮でとても美味しそうなものばかり。↓
             oniku 

| | Comments (6) | TrackBack (0)

February 20, 2005

TORU & MAU

torumau
実家でのお食事会♪

何にもしなくても、美味しいご馳走が沢山出て来て・・・
上げ膳据え膳で、本当に「実家」って良いところ!(笑)
甥っ子のとおるくんも、久しぶりにMAUに会えてとても
嬉しそうでした。とおくるくんは、最近益々お兄ちゃま化して来て、
MAUには、まるで大切な妹のように優しい気持ちで接してくれます。
傍で見ていて本当に微笑ましい・・・。
このままずっと、心のキレイな男の子に育って欲しいと思います。

今日のとおるくんからのERIへのプレゼントはこちらの作品。
題名はもちろん「MAUたん」↓

torusaku

工作したり、絵を描くのが大好きなとおるくんのプレゼントには
いつも、いつも驚かされます。
4月からは、もう2年生!
これからもとにかく元気で、楽しい日々を過ごして欲しいと願う
ばかりです。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

February 19, 2005

水入らず・・・

ILBOCCA

冷たいみぞれまじりの一日・・・
それでも、少しずつ、ほんの少しずつ春の気配を感じます。

夜は、HIROがお誕生日のお祝いに恵比寿のイタリアンに
連れて行ってくれました。
MAUも連れて、楽しいディナーです♪
やはり、MAUも一緒だと、のんびり心から楽しめます。
家族みずいらず・・・。

カジュアルなお店ですが、お味は本格的。
恵比寿の住宅街にひっそりとあるリストランテです。
お店の名は、「ボッカ・ディ・レオーネ」
お魚が特に美味しく、今日頂いたかさごのアクアパッツア
は絶品でした!

実は、こちらのお店特にワンOK!とはうたってないのですが
予約時に、ワンちゃん連れて行きたいのですが・・・
とお店の方に、そっと告白してみてください。
きっと、イエスと言ってくださるはずです!

「ボッカ・ディ・レオーネ」
東京都渋谷区恵比寿3-41-9-102
TEL:03-3440-3123
営業時間 12:00~LO14:00(ランチ)
18:30-LO翌1:00(ディナー平日)
18:30-LO22:30(ディナー日祝)

| | Comments (11) | TrackBack (0)

February 18, 2005

Grand Hyatt Tokyo

hyatt

やっと週末!

今日は、Birthday-offでした。
今年は、土曜日と重なったので一日早く休暇を頂くことに。

薬のおかげで、すっかり体調も良くなったので朝はMAUと
ゆっくりめのお散歩。
午後からは、ネイルサロンでフット&ハンドケアを受け
久しぶりにOPIの大好きなレッドカラーで、気分も晴々です♪

そして、夜はちょっとお洒落をして、大好きな友人達と
お食事にでかけました。
ヒルズ内にあるグランドハイアットホテル東京の和食「旬房」へ

グランドハイアットのレストランは、どこも、なぜか外国人の方が
多いのですが、こちらもやはりそうでした。
そのせいもあって、とてもお料理の写真など撮ることなど
出来なかったのですが(残念)、レベルの高い懐石料理でした。

そして何より、お料理のセンスやお味に比例して素晴らしいのが
お店の方の心遣い。
さり気ないない中にも、ポイントを押さえたサービス。
心から楽しんで頂きたいといった気持ちが、良く伝わって来るのです。

また、ぜひ、違うシーズンに訪れお料理から「季節」を感じて
みたいと思いました。。

お祝いに頂いたROSE。
この色は何というカラーなのでしょう・・・。
シックでとても気に入っています。

rose

syunbo「旬房」
住所 〒106-0032 東京都港区六本木6-10-3
グランド ハイアット 東京 6F
電話番号 03-4333-8786
ランチ  11:30~14:30(土・日・祝日 ~15:30)
ディナー 18:00~22:00
定休日 なし

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 17, 2005

アフリカンママ!

MATAI

アフリカンママ!とそんなふうに呼びたくなってしまうほど
大きなオーラがある、マータイさん。

ワンガリ・マータイ氏
彼女は、環境保護運動の功績が認められ、去年アフリカで
はじめてノーベル平和賞を受賞された現在ケニアの環境副大臣。
昨日の「京都議定書」発効の記念式典に出席されるために日本を
訪問中です。

TVでのインタビューを見ましたが、あらためて彼女の功績の素晴
らしさ、人間性の深さを認識しました。番組で始めて知ったのですが、
ケニアでは労働の殆どが女性に課せられているそうです。

マータイさんは、先進国の資本主義の力による開発で、森林が
伐採され、美しい緑が消えていくそれによって、そこに住む民族の
生活までもを奪ってしまったことに強い反発を覚え、環境破壊に
苦しむケニアの農村の人達を救う(特に女性)ため、グリーンベルト
運動という地道な植樹運動を広めました。
これまでに、植えた苗木は約3000万だそうです。
まさに草の根の運動から、はじめられたのですね。

年齢は63歳ということでしたが、とてもお若くて黒いお肌が
キラキラ☆輝いて本当にステキな方でした。
21日に昭和女子大学で講演会があるそうですが、行ってみたい
と思っています。

最近は、TVをつけても悲惨なニュースばかり。
そんな中、このアフリカンママの丁寧なお話は、心がスッといたし
ました。そしてまた様々ことを考えさせられました。

それにしても、お洒落さんですね~♪
こちらもステキ!
MATAI1

| | Comments (0) | TrackBack (2)

February 16, 2005

キョート・プロトコル

tdat_trailer_r1c2

国連の本部があるNYが、16日午前零時、日本時間で今日14時に
「京都議定書」が発効されました。
ここに至るまでずいぶんと時間がかかったように思います。
地球はひとつなのに、それぞれの国の利権が絡むとこんなにも
時間がかかってしまうものなのですね。
これにより、日本は2012年までに二酸化炭素などの温室効果
ガスを1990年比で5%削減しなければなりません。
実は、これは大変なことだそうです。。。

それにしても「議定書」なんて、こんな硬い「訳」ではなく、
もっと、国民ひとりひとりの意識を高めるためにも、親しみ易い
ネーミングを考え、この危機的状況を認識できるようするべきでは
ないかと思うのですが・・・。
ホスト国としてイニシアティブを取ることも必要でしょうし。

  ちなみに、「京都議定書」は英語でKyoto Protocol
  直訳といえば直訳ですが、このプロトコルという言葉はコンピュータ
  関連で良く使われる言葉です。。
  儀礼や、協定などのほかにデータ通信の手順などの意味があります

とりあえず、ささやかでも今、私達ひとりひとりが出来る事。
やはり、それは「シンプルに暮らす」ことではないかと思います。
水や、電気、ガスを必要以上に使用しない、出来る物からリサイクル。
そして、何より物をふやさない生活。
これは、ゴミ問題にもつながる大切なことだと考えています。

こだわりのある上質な少しの「お気に入り」囲まれて生活したいと
ERIはいつも心がけています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・しかぁし、これは本当にむずかしぃいいい!
ある種の「我慢くらべ」かもしれません(笑)
いつのまにか、増えてしまうお洋服やバッグや雑貨、本達。。。
ここ数年では、なぜかちいさ~なお洋服がとくに(汗)
でも、今日を機会にまた、少しずつでも自分に課した「プロトコル」を
守っていかなければと思う次第です。

写真は、先日観たばかりのDVD「The Day After Tomorrow」
自然環境や、人間の驕りによって起こる環境破壊を危惧する
メッセージが込められたまさにタイムリーな作品でした。
でも、これを製作した超大国は、この京都議定書には批准して
いないのです・・・。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 14, 2005

ちょっと切ない朝

今日は、街中に愛が溢れる日なのに・・・
朝から、ちょっぴり切ない事がありました。

朝の出勤時での出来事。
月曜日は、いつにもましてラッシュが激しくなります。
またまた、体調不良で熱っぽいERIは、渋谷駅のホーム
で入ってくる電車をボーっと待っておりました。
すると、
扉が開き、フラフラ~っと電車から降りて来る女の子がひとり、
こちらの方に、倒れかかって来たのです。
思わず!あー支えてあげなきゃ!と思った瞬間にホームに、
バタっと、本当に大きな音でバタっと倒れてしまいました。
驚いて、とにかくベンチに連れていかねば!!!!
と思うのですが、力が抜けているので、とにかく重たい・・・
そうしているうちに、情けないことに今度はERIが転倒
してしまいました(汗)

・・・でも誰~も助けてはくれませんでした。
皆、横目で見て、足早に階段の方にみんな向かって去って
行ってしまいました。
思わず、「どなたか手を貸して頂けますかぁあ」と叫ぶと
そばに来て声をかけてくれたのは、素朴な感じのめがねを
かけた若い女の子だけ。。。か弱そうな。
その後は、なんとか、ふたりの駅員さんが抱え事務室に
連れていったので、多分彼女は、事なきを得たと思うの
ですが・・・

なんだか、切なくてそのあと来た電車に乗った瞬間に
涙がポロポロとこぼれてきてしまいました。

今日は、Valentine's day
人々は列をなして、愛を伝えるショコラ買う、
でも、駅で倒れている人は見てみないふり・・・
あまりに矛盾しています。
皆、やはり自分のことで精一杯なのですね(涙)

でも、いい歳をして、こんなことで落ち込む自分も
情けないのとは思うのですが・・・。
とにかく
これからまたジム通いでもはじめて、体力つけねばなりません!
もはや、人に頼らず、倒れている人ひとりくらい、自分の力で
なんとかしてあげたいですもの。。。ネ(笑)

calon_segur

さてさて、
写真は、Valentine's day にお勧めのワイン
ハートのラベルがキュートです♪
こんな日にぴったりでしょう?
実は、このワインこの伝統的なワインの
牙城でつくられていて、引き締まった
構造のしっかりした潜在的に長命なワイン。
格付けも3級です。
ブレンド比率は
カベルネ・ソーヴィニヨン65%、
メルロ35%。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

February 13, 2005

Happy Valentine's day !

teobroma1

一年で、もっともあまーい日がやって参ります♪
2月に入ったとたんに、デパートの地下売り場では、まさにチョコレート
戦争が繰り広げられておりました。
この日本のValentine's day 最近では、恋人達の為の・・・というより
むしろお歳暮やお中元と同じような意実を持つものに変わって来てしまった
ように思えます。海外では、この日、男性が愛する女性に贈り物をするという
のが、一般的で以前、アメリカでちょうどこの時期、ショッピングをしていると
とある男性から、プレゼントの相談をされたことを今でも良く覚えています。
ヴィクトリアズシークレットというとてもセクシーなランジェリーショップでした(汗)
いつの間に、逆になってしまったのでしょう!?

そんな中、やはりERIのお薦めのショコラは、今年も
「ミュゼ ドゥ ショコラ テオブロマ」のもの。
ショコラティエとしては、草分け的存在の土屋公二シェフのお店です。
彼のショコラは、忠実にフランスの伝統的な製法で仕上げていて
まさにパリの味が楽しめます。
(ただ、今日もお店でちらっとおみかけしましたが、気の良さそうな
普通のおじちゃまです。・・・失礼)
店内もとてもお洒落です。
ショコラだけでも、30種類以上。どれも宝石のように美しく、美味しそうで
選ぶのにひと苦労。でも今年は少し嗜好を変えて、カカオ入りのチョコレート
味のパウンドケーキを贈り物にすることにしました。↓

teobroma2

こちらのお店、ショコラだけでなくペストリーやケーキの
焼き菓子などレベルもかなり高く、そちらもぜひお試し頂きたい!
そしてショップの中のティールームで頂くホットショコラも絶品です♪


ミュゼ ドゥ ショコラ テオブロマ
東京都渋谷区富ケ谷1-14-9
グリーンコアL渋谷1F
TEL 03-5790-2181
営業時間 9:30~20:00 年中無休

fantom
Valentine's day のおデート用に
こんなお洒落なケープコート
買ってもらったの♪
・・・でも、まだおあいてがいないのでしゅ。
今年は、もう少しレディらしくしないと
だめかしら?
by MAU

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 11, 2005

The Phantom of the Opera

opera

三連休前夜、親友とオペラ座の怪人を見てまいりました!

六本木ヒルズの「プレミア」スクリーンは、はじめてでしたが
思い入れのある映画をじっくり観るのには、お薦めです。
開演の20分前までウェブで席も予約出来ますし、3000円の
チャージの中には、ワインやカクテルをなどのドリンクも付いています。
シートももちろんゆったり、ファーストクラス並。トータルで考えると決して
高くはないでしょう。
今回は、レイトショーでしたので映画がはじまる前に、専用のラウンジで
シャンペンを飲みながら軽く食事をして、気分を盛り上げてみました(笑)

さて、先月29日に封切された、映画「オペラ座の怪人」
こちらで感想を書くのは、かなり難しい、
細かく書きはじめると止まらなくなりそうです・・・。

とにかく、映像と音楽の美しさに圧倒されました。
舞台とはまったく違う迫力があり、途中スクリーンから目を離す
ことすら出来ませんでした。そう、それはまるで自分がオペラ座の劇場の
中にいるような、そんな錯覚に陥るほど。。。
ご存知のとおり、ストーリーはどうってことはないのですが
アンドリュー・ロイド・ウェイバーのミュージカルがお好きな方
でしたらかなり満足できると思います。

キャストについては、今回、大抜擢されたクリスティーナ役の
18歳のエミー・ロッサム。若いって本当に素晴らしい!
掛け値なし可憐で美しい歌声は最初から感動的でした。
そして、ファントム役ジェラルド・バトラーは、なかなかセクシー
ERIのいちばん、好きなシーンは・・・。

あ、これ以上、お話しすることはやめておきましょう。。

The Phantom of the Opera
映画が終わっても殆どの方が席を立たず、エンディングの音楽まで
も聴きながら、その余韻を楽しんでいるように見えました。
この作品のフリークがいるのも頷けるような気がします。

深夜、劇場を出ると夜空から雪が舞い降りて来ました。
ロマンティックな夜に、また最高の演出。
そのあと、コートの襟を立て足早に大好きないつものワインバーへ
向かった私たちでした。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

February 10, 2005

シャンペンで華やかに!

MAY2004-003
シャンペンはお好きでしょうか?

ERIは、白や赤のワインにもまして大好きな
ものが、このシャンペン、こんなにお洒落で
華やかな飲み物は、他にはないと思って
います。

どんな時でも、冷えたシャンペンを頂いた
瞬間に思わず微笑んでしまいます。
熟したストロベリーなどあれば最高ですが、
それだけでもじゅうぶん!
このシャンペン、実は午前中の10時に飲む
のが一番美味しく頂けるのだそう・・・。
なんて贅沢!
かの有名なハリウッドスターMarlyn Monroeさんも毎朝、飲んで
いたらしいのです。流石です。

そう、シャンペンには、なぜか美女にまつわるエピソードも多く、有名な
シャンペンメーカーである、ポメリーやヴーヴ、ボランジェなどは、みな
女性創始者というから、不思議。
白ではちょっとキリッとしすぎ、赤はすこぉし重たい感じ?
細かく、美しい泡のたつシャンペンは、口当たりも良く、すぐに
心を打ち解ける。。。それゆえ、愛を語るに最もふさわしい飲み物
なのかもしれません。
おーぉ!なんてファンタスティック!(笑)

少し間違いやすいのですが、(ご存知の方ももはや多いでしょう)
実は、「シャンペン」と呼べるのはフランス東北部シャンパーニュ地方の
限定された地域で採れたブドウを原料とし決められた製法によって
造られた発砲ワインのみが「シャンペン」と名乗ることが出来ます。
整理すると、
シャンパーニュ地方以外のフランス製発泡ワインは一般に
ヴァンムスー(vinmouseeux)
ドイツの発泡ワインは、ゼクト(sect)
イタリアは、スプマンテ(spumante)、
スペインは、カーヴァ(cava) そして、アメリカやオーストラリアは
スパークリングワイン(sparkling wine)と呼ばれます。

でも、いいのです!難いことはいわず、スパークリングでもスプマンテ
でもシャンペン!と呼んで、気軽にお洒落にみんなで楽しみましょう。
バレンタインももう間近です・・・♪

さて、今晩はちょっと仕事で頑張った自分へのご褒美に、最近、
入籍されたホットなお友達からお送り頂いた、貴重なオーストラリアの
レッド(シラー種)のスパークリング↓を頂きました。

img_0604


ナオちゃん、ご結婚おめでとう! 
いつまでもお幸せにね
一緒に祝杯をあげる日を、心から楽しみにしています!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

February 06, 2005

Shino's Photo

mau3


先日、お会いしたしのさんがとっても
ステキなお写真をお送りくださいました。

いつも、ERIが目にしている、MAUらしい表情・・・
写真には、撮る人の心がどこかにあらわれているような気がします。
とにかく、お気に入りの写真になりました
Special Thanks Shino-chama!

mau2


mau1


mau4

| | Comments (5) | TrackBack (0)

February 04, 2005

Dr. Fukushima

「お金は、関係ない。
患者さんを完治させることが、僕の最高のテンションなのだから・・・」
あくまでもさりげなく語るひとりの男性
 
福島孝徳Dr.
先日、あるTV番組で、この方を拝見し、忘れられなくなって
しまいました。失礼ながらなんだか恋でもした気分・・・(笑)
早速、amazonでこちらを取り寄せ中です。

4198618380.09.LZZZZZZZ
彼は、現在62歳、脳外科医
東大医学部を卒業後、1991年に日本の医学界を飛び出し渡米。
「キーホールオペレーション」と呼ばれる手術法を確立し、アメリカの
医療関係者から「神の手を持つ男」と称賛されている人物。
年間200人以上の命を救っているという・・・
と、ここまではそのキャリアと功績に、驚嘆するのみなのですが、
実際に、画面からは、そのエネルギッシュな日々の行動、長時間に
及ぶ手術での集中力、そして何より患者やその家族へのふれあいが、
映し出され、それらを目にするうちに、感動とともに心をすっかり奪われ
てしまいました。先生!カッコ良すぎます・・・ 

自分自身の実力と使命を全うし、多くの人々の「命」を救う
Dr.Fukushima
この「達人」もまた、いつも明るくて清々しく、決して人を
上から見ることをしない・・・ むしろ包み込んでいる様、
きっと、そこには、お金や権力は、存在しないのでしょう。
心から、同じ日本人として誇りに思います。

本の感想は、また後日・・・。

| | Comments (6) | TrackBack (3)

February 03, 2005

Komazawa にて

MAUFEB3体調、徐々に回復しております!
それにしても、ERIが具合が悪くなるとMAUがいきなり、
ハウスの奥の方に入り込んで、苦しそうに肩を震わせ
もどしたりします。真似しなくてもいいのに・・・。
不思議な子です。( MAU、ごめんね)

さて、ここからは、さかのぼっての出来事を!
先週土曜日の午後、駒沢にていつもサイトやメールでお話しさせて頂いて
いるお仲間とのミニパーティ♪ やっと!実現できました。
メンバーは、このパーティのコーディネートをしてくださった
しのさんゆうこさんまきぴかさん、はるるんさん、
そしてお馴染みのmikipooさんとそのワン達です。

どのワン達も、みんな、みんな良い子ばかりで、感激の一日でした。
そしてそれ以上に、ママしゃん達も素敵な方たちばかりで、大変楽しい
時間を過ごすことが出来ました。
これからも、ずっと仲良くして頂ければ嬉しいです♪

それにしても、この日のMAUったら、みんなと遊ばず、ひとりで
バッグの中に引きこもり、その中で、隊長ぶりを発揮しておりました。
むずかしいお年頃でございます・・・(涙)


しのさん、素敵な会をありがとうございました!

では、かなり恥ずかしながら、かろうじて撮れていたお写真を・・・

お目めが光ってしまいましたぁ!・・・でもキュートなぐりぐら兄弟
gurigura

ぬいぐるみみたいなけだっまち。。。
kedama

MoMoちゃんをどうしても忘れられないMAURI君と
ドクロマークのマナーベルトがお洒落なグリ君
harurun


| | Comments (8) | TrackBack (2)

February 01, 2005

皆様も気をつけて!

ここ数日、高熱と激しい嘔吐に襲われ、サイト更新不可能です(涙)
未だ、復帰せず・・・
固形物を口に出来ず、悲しい限り。。。
皆様も、この時期体調管理には充分に気をつけてくださいね。

BLOGのコメントやゲストブックのお返事遅れていてごめんなさい。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

« January 2005 | Main | March 2005 »