« February 2005 | Main | April 2005 »

March 31, 2005

ひしょひしょ話

TOMOKO-FLOWER

Arranged flower for my office every week by Coordinator Tomoko

3月も今日で終わり・・・1年の4分の1が終わってしまいます。
早すぎ!!
Blogで自分の「仕事」の事を書くのは、決して本意ではないの
ですが、少しだけ。。。

なぜか、この時期なると自分の仕事の在り方について考えます。
今のポジションに就いて、もうずいぶん長くなりました。
内緒の話ですが、最近少し、緊張感というものがなくなって
いる自分がいます(汗)

「セクレタリー」の仕事というのは、その言葉のイメージから
華やかな感じがするのかもしれません。
でも、実際にはまったく違うものなのです。
そう、「縁の下の力持ち」とか「何でも屋」とか、そういった感じです。
しかもフットワークの軽さも要求されます。
それは、この職種に就いている方々が、皆さん思っていらっしゃる
ようで「秘書のためのひしょひしょ話」(というメルマガがある)を読む
と良くわかります。

日々、仕事をしていて思う事は、語学力・PCのスキルやその他の
知識、常識などは、もちろん大切な事なのですが、問われる資質は、
やはり「気配り」なのです。 ・・・そして何より心のこもった笑顔。
これには一種の想像力も必要です。
ボスが今、何を望んでいるか、何を必要としているか、そういった事
をいち早く察知しなければなりませんから。

幸いにも、性格が楽観的なので失敗しても(ごまかし方も学びました・・・)
それほどめげる事もありませんが、やはり一年のうちドドーンと大きく落ち
込むことが、何度かあります。

でも!そんな時も敢えて、歯をくいしばって(クゥぅーっとです)
「笑顔」をつくるよう心がけています。
なぜなら、相手あってのこの仕事、これが一番自分を楽にする解決方法
なのです。何事にもそうかもしれませんが・・・。
まさに笑顔の効果です。

明日から、いよいよ4月
街には、希望に満ちた新入社員や新入生が溢れだすでしょう。
ERIも、彼、彼女達のそのフレシュな気持ちを少し分けてもらって、
また、日々ステップアップして行こう!

・・・と一応思っておりマス(ひしょひしょ)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

March 30, 2005

ベージュ&ゴールド

春のもうひとつのお楽しみは、やっぱり「おしゃれ」・・・ですね。

厚いコートを脱ぎ捨てて、明るいカラーのお洋服、シューズ&バック
そしてネイルなどで春を満喫したいもの♪

今春のファッションシーンは、女性らしさの中に自然で明るく幸せな
イメージが好まれている感じがします。 もちろん春らしく淡いピンクや
ブルーもステキですが・・・敢えて、
ERIのこの春、注目していて好きな色使いは、
「ゴールド&ベージュ、そしてホワイト」です。

カジュアルにも、エレガンスにも使えるカラー。
アイボリー、キャメル、生成りといったものも含めます。
自然らしさを強調するために、素材も「麻」や「シルク」の
ような天然繊維がステキですね。

アイボリーのスッキリとしたパンツに、少しだけエレガンスなフリルの
ついた、ホワイトコットンのシャツ。シャンパンゴールドの薄手のニット。
バックも、ホワイトで小さめのカジュアルなもの・・・
こんな組み合わせはいかがでしょう?

goldwhite2

週末には、優しいデザインのサンダルを探しに行く予定。
色は、もちろんゴールド系です♪

みなさまは、この春、どんなおしゃれがお薦めですか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 29, 2005

春の言葉

winelabel

赤い花 
 アナタの音は私にとって
 誰よりも安らげる音
 今日もアナタの音を聞くために
 赤い花が開くのを待っていたの  
                 
 イラスト・言葉 :ウチガキ ナオコ


仕事を終え、駅へ向かうとまだまだ冷たい風・・・
「花冷え」とはよく言ったものです。
日中は、ともかく夜になるとまだまだ冷え込みます。

ところで、
日本語というのは美しいものですね。
忘れたくない、忘れてはいけない言葉が沢山あるように思います。
春の季節の言葉では、
この「花冷え」もそうですし、「春一番」「春うらら」「春眠」など、他にも
まだまだ色々あります。 これらの言葉には、昔の人々の想いが込められ
ていて情緒深さを感じます・・・。
英語で訳そうと思っても、かなりむずかしいでしょう。

その中で、ERIの好きな春の言葉は
「山笑う」
これは、早春の山の木々がしだいに芽吹いて、山全体が明るくて
輝いて笑っているように見える様子をあらわした言葉ですが、
とってもステキ♪
昔の人々が厳しい冬を乗り越え、ふと山々見上げた時に、素直に
そう思った言葉なのでしょうね~。
きっと山が優しく微笑んでいたのでしょう。

若い人?がつくリ出す、おもしろ言葉やイントネーションもある意味、
とても興味深く、嫌いではありませんがやっぱり、心のこもった
美しい日本語を大切にしたいと思ってしまうのは・・・!?

けっして!年のせいでは・・・ありませんから。(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 28, 2005

さつまいもとごまのちーずけーき

cheesecake3

お写真、ボケボケでしつれいします。MAUです。
おかあしゃんが、きょう、お仕事から帰ってきてケーキを焼きました。
月曜日だというのにがんばってます。
またまた、ミミたんに教わった、サツマイモとゴマのチーズケーキだそうです。
最近、なんだかケーキつくりに凝っているおかあしゃんです。
MAUにもひとくちくださいな・・・♪♪

cheesecake4cheesecake1

ハイハーイ、こんな感じに出来ました!
甘さ控えめ、クリームチーズと豆乳べース、そしてサツマイモと
ゴマ入り、でとってもヘルシーです。ワン達にも少しなら大丈夫そう!
ミミさんのレシピは、手軽で、しかも美味しく優しいお味♪
すっかりはまっています。たいてい、次の日には食べ終えてしまいます。
だから、きっとまたすぐに作りたくなってしまうのでしょう。
・・・最近では、デパートでお菓子関係の雑貨や材料などをチェック
したりして、近年、稀にみるなんだか奥様っぽい?ERIなのです(笑)

明日の朝も、たっぷりのミルクティーと一緒に頂きましょっと♪

cheesecake2

MAUたんにもひとくちあげるわね。待っていて・・・
表情が真剣。早くして!と言ってマス。
このあと、かなり食べておりました。歯磨きです。

| | Comments (18) | TrackBack (1)

March 27, 2005

JOY JOY!

TOMOKOFLOWER

お気に入りのアレンジメント
coordinate by Tomoko

のんびりSunday !!

日曜日の朝食はHIROがつくってくれることが多いので
Coffeeの香りで起きられるわけなのです。。。ニッコリ。
彼は、何にでも「こだわり」の人なのでオムレツひとつにも
ポリシーがあるらしくキッチンでブツブツ呪文を唱えながら
お料理しています。
そして、出来上がるまでにかなりお時間がかかります(笑)

午後になると、昨日よりもさらに暖かく汗ばむほど。MAUと
ゆっくり、待ち合わせの表参道まで歩いて行きました。
久しぶりのYASUKOちゃん&JOY君とおデート♪
JOY君は、今月の12日に3歳になったアプリコットカラーのBoy
生後3ヶ月のパピーの頃、お散歩に出たばかりの時期から、
仲良くして頂いているので、ERIは、その成長ぶりがいつも微笑
ましくて仕方ありません。
今が、ちょうど思春期の?男の子だけにMAUのことが気になって
仕方なく、大好きなおやつも食べなかったりします。
でも、もともとの性質のとっても優しい子、MAUに叱られても無理じい
したりせずに、少し悲しいお顔であきらめます。
(ごめんね、JOYくん・・・)

JOY

Birthdayのお祝いが、すっかり遅くなってしまいました。

  「JOY君、3歳のお誕生日おめでとう!
   今年も、元気で楽しく過ごせますように
   またお外でいっぱい!走ろうね♪」
 
代々木公園では、ほんの少しだけ桜の花が咲きはじめておりました。
次の週末は、お花見に行けそうです♪

ステキな一週間になりますように・・・。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

March 26, 2005

七里ヶ浜へ

shichirigahama3

 『今日は、HONEYも誘って七里ヶ浜の海に行ったよ!
 パパの波乗りのおともは、いつも楽しいの。
 HONEYは、海で遊ぶのははじめてなのぉー!って
 言ってたけど、ふたりで砂浜を元気よく走ったよ♪』
 by MAU

週末だというのに、早朝からWEBで波のチェックを怠らないHIRO、
今日は湘南でも程よい波がありそうだ! ・・・ということで
途中、無理やりみわちゃん親娘を車に拉致して久しぶりの湘南に
Let's go!!
陽射しが暖かな、とっても気持ちの良い七里の海でした。

shichirigahama1shichirigahama2

その後、散々、HONEYとMAUを砂浜で遊ばせても、まだまだ
海から上がって来ないHIROを残して皆で葉山方面に車を走らせます。

御用邸の近くにとても可愛らしいcafeを発見!店内OKです。
エントランスには、お洒落にガーデンニングがしてあって
なんだか、お友達の家に立ち寄った雰囲気♪
美味しい特製BLTとクロックムッシュとお茶を頂きました。
マダムもお写真を撮って下さるほどに、歓迎してくださいました。

cafe chien cafe-cien1cafe-cien3cafe-cien2

七里ヶ浜の駐車場では、大好きなお友達のご一家にも
偶然お会い出来て、(というか、ついにお会いできた!)ほんわか
楽しい一日になりました。

 マオちゃん!
 やっと、やっと会えましたね・・・♪
 昨日は、ぐりくん、1歳のお誕生日おめでとう!
 ソレイユ&ネージュ嬢、そしてミー君もみーんな元気そうで
 嬉しかった!今度は、砂浜でみんなで遊ぼうね。


遊びすぎで、眠たくて仕方のないMAU
ゆっくりおやすみなさい・・・
HONEYも今頃、夢の中で波の音を聴いているかしら!?

cafe-cien5

| | Comments (4) | TrackBack (0)

March 25, 2005

セカンドがお薦め

sanjulian

久しぶりのワインの話題を・・・。

今晩は、以前にこちらでご紹介した乃木坂にあるワインバーへ。

名前が変わり「岡部亭、プラースデュバル」から
「Uchiyatei LA PLACE DU VIN」になりました。
といっても名前だけで他には何ひとつ、変化はありません(笑)

ウッチーと呼ばれるムッシュは、いつ訪れても笑顔のお迎え。
その日のお薦めのお料理やワインをさりげなく薦めてくれます。
六本木や麻布などにあるワインバーとちがって、こちらが気を
使うことは、まったくありません。ワインに詳しくない、
もっと言えば、ワインが苦手な方も楽しめる「粋」なお店です。
(ベタ誉めですが。。。笑)
最近、かなりお気に入り。

本日、ウッチーお薦めのワインは、ボルドーの赤ワイン(写真)
オーメドック地区、サン・ジュリアン村の2級の格付けのワイン
Ch.Ducru Beaucaillou(シャトーデュクリュ・ボーカイユ)の
セカンドワインで99年のLa Croix de Beaucaillou
(ラ・クロワ・ド・ボーカイユ)を頂きました。
・・・このワインを少しだけ、語らせて頂くと(スミマセン)
色調は、ルビー色。フランボワーズなど果実の程よく甘い香りと
少しスパイシーな香りのバランスが心地よく、味わいはフルーティで
滑らかで優しい印象、 そして ・・ってもうやめておきます

現在、ボルドーで格付けされているワインは第1級から第5級
まで61シャトー。そして、それぞれにセカンドラベルというのが
必ずあります。かの有名なマルゴーやラトゥールにももちろん。

セカンドラベルについて、簡単にお話しすると
セカンドだからと言って、決して二流のワインと言う意味では
ないんです。栽培から醸造までシャトーものと同じ手間ひまを
かけて造られます。
セカンドラベルとしての厳しい基準もあるのです。
樹齢が若いのでワインの熟成も早く、若いうちに飲む場合には
こちらの方が飲みやすいという方も多くいるようです。
お値段もお手頃ですしね♪

curocette
といったわけで、今宵は、ウッチーお薦めの
セカンドをクロケット →
や煮込み料理と一緒に味わいました。

それにしても、ボルドー、特にサンジュリアンのワインは最高です。
セカンドでも充分満足出来マス。
今宵は、MAUも一緒でしたが、お隣の席にいらした某女優さんに
撫で撫でされて、彼女もまた大変に幸せそうでした。

おしまい。

☆ボルドーワインの概略は、もしご興味があればこちらこちらををご覧ください。  注:ただいま更新滞り中

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 24, 2005

想い出のページ

Risaちゃんが烏龍帳(3月10日)先日の旅の様子を
とってもステキにアップしてくださいました♪

ご存知のとおり、こちらのウェブでアップされているワン達の
表情や動きは、すべてが輝いています☆
彼女のワンを見る視点・・・それは、到底真似出来ません。
努力(もっとも似合わない言葉!?)とか、訓練とか
そういった類いのものではなく「感性」なのでしょうね。

それにしても、あらためて感じることは、
Cafeで一緒に、まったりするのも楽しい時間。
ワン達は、ママと一緒ならいつでも幸せですから♪
でも、時間や状況が許す限り、自然の中へ一緒に
飛び出して行きたい!

これから4月、5月暑くなるまでの間、ワン達にとっても
ベストなシーズン。
山や海が、手招きして待ってます!

Special thanks to Risa-chan!

| | Comments (14) | TrackBack (0)

March 21, 2005

新鮮野菜

super-nissinworld2東麻布の「日進ワールド・デリカテッセン」は、
日進ハム直営のマーケット。
広尾の「ナショナル麻布マーケット」と同じく、
都内在住の外人をターゲットにしているスーパーです。
といっても、紀伊国屋や明治屋と違って全体的に割安な感じ。
肉類はもちろん、輸入チーズやワインが充実しています。
ついでに、焼き立てのパンも買えます♪
マーケット好きのHIROが、週末になると行きたがる場所。

今日は、ここでも春らしくなってきたーと思ったのは
野菜売り場。新鮮な葉もの類が大変お安くなっていました。

haruyasai

写真は、買ってきたルッコラ、クレソン。ズッキーニもこんなにビッグ!
おまけに、まさに今が旬の生のホワイトアスパラもありました。
イキイキ新鮮野菜は、それだけでご馳走です。

香りの良いホワイトアスパラは、今回はシンプルにグリルして
頂いたのですが、何かもっと美味しい食べ方がないかしらーと
思っています。少しコッテリとしたソースが合うかな・・・。

CHEESE1

こちらは、以前に買って気に入ったシェーブルの塗るチーズ。
それほど、くせがなく、野菜スティックにも、クラッカーにも合います。

ハムやソーセージ、チーズの試食。そしてワインの試飲も出来ます。
いっぱい食べても叱られません。ホントです。
ぜひ、お腹を空かせて行らしてみてください(笑)

| | Comments (8) | TrackBack (0)

のんびりと!?

tsbaki1

三連休、ラストの日は、青空の一日♪
また海に行こうとしているHIROでしたが、ご本人、明日からの
仕事を考えると、さすがに連日は無茶だと自覚した模様。。。

というわけで3人でお散歩+買い物に。
今日は公園のパーキングも久しぶりにフルでした。

park21mar2pg

まだ枯れ落ち葉なども残ってはいますが、椿や木蓮が
とても美しく咲いておりました。
あと10日程したら、桜の花も咲きはじめるのねぇ・・・
などと、うっとりしていると、

・・・MAUが自分のからだより大きな真っ黒カラスさんを
追いかけておりました。

いつか仕返しされますから。。。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

March 20, 2005

chocoたんとおデート

chocola5

去年の夏頃から、サイトに遊びにいらして頂いていたSoraさん、
1月に1歳になったばかりのchocolaちゃん、親娘とおデート♪
やっとお会い出来ました!

Soraさんとは、「はじめまして」のはずなのにそんな感覚も
まったくなくずっと以前からお友達だった・・・?といったような、
とにかくおしゃべりに花が咲きました。

chocola2
表参道でお茶をして、その後は
公園でのんびりお散歩、
ひみつの丘でふたりは、草の研究?
それとも宝さがし?をしたり、鳥達を
追いかけたりして遊びました。

chocolaちゃんは、想像していた以上にキュートな女の子。
しかもとってもおりこうさんです。
MAUの方が、ずっとお姉ちゃまなのにわがままで、いやはや
どうしたものやら・・・(汗)

ワンのお話だけではなく、お互い仕事を持つ女性として
様々なお話しをさせて頂きました。
Soraさんは、ERIの大好きなサッパリとしたタイプの女性。
これから、働く女性の仲間として、ワンのママとして、
お互いに切磋琢磨していける友人関係でいられたら・・・
などと勝手に思っておりました。
楽しかった♪

沢山遊んで、ネムネムのchocoたん
chocola4

| | Comments (6) | TrackBack (1)

March 19, 2005

素朴なapple cake

applecake2

またまたほろ酔い気分でcake作り♪
お菓子作りの師匠ミミさんより、バナナくるみcakeに続いて第2弾!
Apple cakeのレシピを教えて頂きトライしてみました。

みわちゃんと一緒に、焼き上がりを待っているとタイミング良く
HIROも帰宅して3人でちょっと遅めのTea Time♪

あらかじめりんごをリキュールに浸しておいたものを
混ぜ合わせてあるので、香りが良く美味しく焼きあがりました。
こんな素朴なcakeは、ホームメイドだからこそ!
ミミさん、またぜひご教授くださいね。

| | Comments (6) | TrackBack (1)

ご近所の名店

fuku1

美味しい物ネタ続きます(笑)

三連休、初日の夜はみわちゃんとしっとり・・・女ふたりで炭火串焼き
のお店へ。代々木上原の駅近くに、比較的最近出来たお店でプードル
の仲良しのお仲間、akkoちゃんお薦めの名店です。
週末などは、予約なしではなかなか入れず念願叶ってやっと行くこと
が出来ました。

「ふく」は串焼きはもちろん、旬の一皿がなかなか気が利いています。
お酒のアテに最高。
やはり季節柄、まずはこの2品。そら豆の炭焼きと菜の花のからしあえ
fuku3fuku2

焼き鳥類も何もかも美味しく、週末にまた足繁く通うお店のひとつ
になりそうです!
ちょっとお洒落な外人達も多くいて、JazzyなBGMなど流れ、なんだか
NYかLAの和食屋みたいな雰囲気も・・・。

fuku4fuku5

お近くまでいらしたら一度ぜひ!

炭火串焼き「ふく」
住所:東京都渋谷区西原3-23-4
電話 :03-3485-3234
定休日: 水曜日
平日 17:30 ~ 23:30

| | Comments (4) | TrackBack (0)

March 18, 2005

苺のパスタ?

strawberry

昼間、仕事で赤坂まで外出。
打ち合わせのため、キャピトル東急ホテルに行くと
Coffee Houseで「フレッシュストロベリーフェア」なるものが
開催されていて、思わず目を奪われてしまいました。
メニューには、スイーツだけではなく苺が使われたさまざまな
お料理がありました。

ホテルの方にお話しを聞いたところ、
今年の目玉、一押しの一皿は、イチゴを使ったパスタとのこと。
???少し驚きました。
「イチゴとフォアグラのスパゲティ」は、フォアグラを細かくカットし、
ハチミツとビネガーを加えたクリーミーなソースが持ち味とのこと。
フォアグラにイチゴとは意外なカップリングですが、イチゴに
クリーミーなソース、その美味しさは絶品とのこと。ワインにも
よく合うそうです。近いうちに冷えたシャンペンともに、ぜひ
トライしてみようと思っています。

こちらのストロベリーフェアは、とても有名で、毎年この時期に
この為にだけ訪れる方も多いそう。
4月18日までということなのでぜひ!

写真は、お土産に頂いたスイーツ達。
見た目に負けない美味しさでした♪

| | Comments (33) | TrackBack (0)

March 16, 2005

やっぱり、見つけた!vol.6

途中、中国自動車道でのあり得ない豪雨を乗り越え、無事に大阪に
戻って参りました。 「Risaちゃん、ロングドライブ本当にお疲れ様!」 と
言いつつ、市内に戻って・・・

な、なんと!その日のディナーもまた、おふたりの行きつけのお寿司屋
を訪れ、蟹意外の「生もの」を堪能してしまったわたくし達。
美味しい物に対する飽くなき追求は、永遠です・・・ニヤリ♪

  **********************************************************************

「旅の魅力」とは、やはり日常を離れ、新しい何かを発見することでしょう。
その土地にしかない物を見たり、聞いたり、食べたり。
それは、心のリフレッシュには最適です。 そのうえ、それが愛すべき人や
ワンと共有出来たら、これ以上のことはありません。
・・・本当に楽しく充実した時間でした。

実は、今回の小さな旅は、去年のERIの一大イベントであった入院・手術
以降、ずっと彼女達が計画してくれていたことでした。
「ERIちゃん、すっかり良くなったらきっと、みんなでどこかへ旅しようね!」と。
そう言いながら、ずっと励ましてくれていたのです。 
そして、それを実現させてくれました。

悦ちゃん、Risaちゃん、そして烏龍 & anちゃん
ひと足早く、ポッカポカのをありがとう!
今、心を込めて言わせてね。。。


woo1an1

| | Comments (4) | TrackBack (0)

March 15, 2005

春を探しに vol.5

翌朝は、お食事の前にゆっくり温泉にはいってお肌をさらに
ツルツルにします (必死)
朝食にも、蟹ご飯や、蟹のお汁が出てきて一瞬また!?と
思いつつも、さらに美味しく頂いてしまいました。

kasumi17
チェックアウト後は、また3ワン娘達は
海岸での走りこみ。朝から元気!

その後は、お土産を求めに、朝市に
向います。
はじめてのERIは、またその光景に
驚きました。ワーーーッ!!
沢山の大きくて、立派な蟹や海老達。
そこでも、それぞれ出店している店主達が「食べてみぃ、食べてみぃ」と
連呼するので遠慮なく頂いていたら、また、何本もの蟹を食べてしまって
おりました。
きっと・・・この町は、ではじまってで終わるのですね(笑)

kasumi15kasumi16

お土産を仕入れ、その後は、京都方面に車を走らせ、かぶと山を横に
見ながら海岸線をドライブ。途中、湾を見下ろすカフェでブレイクしました。
こちらは、神戸のアパレル会社の役員の方の別荘をカフェレストラン&
セレクトショップにしたお店ということで、こんなカントリーサイドに?と思う
ような場所にもかかわらず、お洒落な所でした。
何より、MAU達にスタッフの方々がとても良くしてくださって、大感激!

Reception House Kumihama

KASUMI10KASUMI11

なんだかお天気も怪しくなって来ました・・・
そろそろ大阪に戻りましょ。。。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

春を探しに vol.4

KASUMI5KASUMI6

「庵月」は、清潔感に溢れスッキリとした感じの良いお宿でした。
ワンOKのお部屋は一室のみで、ツィンルームに立派な和室の
あるお部屋。もちろん、お風呂は温泉です。

かに料理のコース(お部屋だし)は、
前菜のお造りのあとに、かにちり、焼きがに、活かに刺し
かにの天麩羅、かに雑炊と続きます。

やはり、お味は、東京で食べる蟹とは雲泥の差。
鮮度と甘さで口の中が大騒ぎでした。
本当に美味しいものを食べた時というのは沈黙になるものです。
蟹の場合は、特に。。。
しばしのあいだ、めずらしく静か~な私達でありました(笑)

食べることに忙しく、お写真が今ひとつでした。でもせっかくですので
ボリューム満点のかにのお料理を・・・。↓

Continue reading "春を探しに vol.4"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

March 12, 2005

春を探しに vol.3

sazu1

sazu3

sazu4


sazu5

sazu6

*写真をクリックすると大きな画像になります


到着しました!

なんて!気持ちが良いのでしょう。
香住町、佐津海岸。静かで美しい海岸です。
ご覧の通り人が・・・ おりません。まさに、これぞプライベートビーチ。
チェックインの時間まで、思い切り走る烏龍とMAU
anちゃんは、のんびりとマイペース・・・ネ♪ なのにMAUときたら、
何度もanちゃんのところに行っては、「走ろうよ、走ろうよ!」
と誘います。
MAUに「ひとは、それぞれ生き方がちがうのよ」などと言っては、大爆笑。

春の海は、みんなを優しく包み込んでくれます。
何度も、何度も深呼吸をしてみました。

さあ、そろそろお宿に向かいましょう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 11, 2005

春を探しに vol.2

朝、目覚めると素晴らしい青空。
小さな旅のはじまりはそれだけで、気分が高揚して来ます。
3女と3娘(笑)は、これから春の日本海をめざします。
そして、何と言ってもいちばんのお楽しみであるお食事は、
今シーズン最後の「松葉ガニ」のコース。楽しみ、楽しみ!!
いつものことながら、おふたりの粋な計らいには頭がさがります。


kasumi

さあ!出発。
目的地は、兵庫県の城之崎郡香住町 →

関東の方は、ご存知ない方も多いこと
でしょう。この日本海に面する香住町は
海の恵みを多大に受けている漁業の町

特に11月6日から3月20日の期間の
「松葉ガニ」の水揚げは有名です。
そのうえ、山陰海岸国立公園の中央
に位置するだけに、海と山の自然に
恵まれた海岸線がとても美しい町です。


Risaちゃんの運転で、北へ200キロ。
この日も、本当に良いお天気恵まれ、お昼過ぎには20度までに
上がりました。道沿いに流れる川、山々の景色は、新しい季節の
到来を存分に感じさせてくれ、心をなごませてくれました。

「Risaちゃん、あとどれくらいかかるの?早く海で走りたいなー」
と後ろの席から必死で話しかけるMAU ↓

KASUMI2

「MAUたん、あと、もう少しよ・・・♪」

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 10, 2005

春を探しに vol.1

またひとつ、心に残る「旅」が出来ました。
「三寒四温」を肌で感じ、海や山が春の準備を着々としている様でした。

KASUMI12

先週、9日に東京を離れてまずは、
品川から、のぞみ号で大阪へ。
MAUは、キャリーバッグの中で夜に
備えてひと眠りです。2時間半静かに
とても良い子にしておりました。

その後は、仕事を済ませてから、後輩達とワインと
お食事。
この日は、東も西もとても暖かく春の一日でした♪
 
そして、そして待ち待った友人達と再会です。
お出迎えは、もちろんこのふたり娘!

wootanans

Photo by Risa

・・・やっと会えたね、an's & 烏龍、相変わらず可愛い娘達、
そして悦ちゃん、Risaちゃん!!
いろいろと、心配をおかけしてごめんね。
早速!朝まで飲みたいところだけれど明日からの「旅」に
備えて今晩は、程ほどに・・・!?
とにかく 「乾杯!」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 09, 2005

MAU記念日

maubaby

春が突然やって来た!?
そんな暖かなコートのいらない一日でした。
朝の陽射しが気持ち良いくらい・・

明日、3月10日はMAU記念日♪ 

そう、MAUは、優しい春風とともに我が家にやって来たのです。
本当に、ちいさくて壊れてしまいそうでした。

あの時のMAUの気持ちを考えると、胸が少し痛みます。
ママのハヴィちゃんや愛情一杯のご家族から離れて、どんなに不安
だったことか・・・。 いきなり車に乗せられて、知らないお家に連れて
行かれたのですから。 しかも、そのあとしばらくすると、ひとりぼっちの
お留守番です。 
きっと寂しくて、「生まれたお家に帰りたいよぉ・・・!」って思っていた
でしょう。

あれから、3年の月日が流れました。あっという間の3年。
その間、MAUを通して様々な出会いがあり、楽しい想い出が沢山
生まれました。
でもMAUにとっては、私たちの元に来たことが「幸せ」だったのかしら、
と時々考えます。。。

MAUの寝顔は、天使の顔。
もうずいぶん以前から、この寝顔を見て暮らしているような気がして
なりません。不思議なものです。
パピーの頃より、今の方がずっと愛しさがつのります。
日々、HIROもERIも、親ばか度が上昇しこの先どこまで行くのやら(笑)

とにかく、
この先また一年、一年元気で楽しくMAUと過ごして行けますように!

実は今日から、MAUと小さな旅に出ます。 
やっと「遠出」が出来るようになりました。
大好きな友人達にも会えます。
・・・素敵な「MAU記念日」が過ごせそう♪♪

☆写真は、我が家に来たばかりのちっちゃなMAUたん、
 お顔が不安そう・・・。
 でも、この頃から決して何事にも、ものおじしない娘でした。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

March 07, 2005

オリジナルバッグ♪

nicebag

「オリジナル」とか「限定・・・」という言葉には、どうも、なにか微妙な魅力が
あるものですね(笑)

さて、
お散歩にぴったりのキュートなオリジナルバッグが出来上がりました↑
いまだ、ERIが足を踏み入れていない?ネットオークションにて、みわちゃんが
お揃いの物を、オーダーしてくださったのです。

こちらのバッグは大きさや形もいろいろあり、白黒やセピア色など、写真の色の
加工も可能ですし、皮の色、裏地のストライプの色なども、自分の好きなカラーの
選択が出来ます。

ちなみにこちらの2枚の写真を、セピア色でお願いして出来たものがバッグに
なりました♪思っていたより、ずっとお洒落で嬉しい!

まず、HONEYさん (かわいすぎぃい!)
honey

そして、MAUさん
MAU-for-HP-020

写真を選ぶ時間また、楽しいものです♪

そして
こちらは、春・夏のシーズンに愛用しているお気に入りのバック。
ANYAのBE A BAGシリーズのトートです。
MAUが1歳のBirthday記念に、まだ8ヶ月足らずの写真を使ってオーダーしました。
4ヶ月以上も待ってやっと手元に届いたものです。
とても大切に使っています。

ANYA

それにしても、バックやシューズというのは、幾つあっても欲しくなるもの!
これから春先にかけて、明るい色の小物類のお洒落もよいもの・・・
近いうちに、今、気になっているカラーのコーディネイトもご紹介したいです。

Special thanks to Miwa-chan !!

☆オリジナルバッグのサイトはこちらから

| | Comments (6) | TrackBack (0)

March 06, 2005

バナナと胡桃のケーキ

ケーキ作りなんて本当に久しぶり♪
先日、海の見える町のミミさんのBLOGでバナナと胡桃のケーキを
拝見して、無性に食べたくなってしまったのです。
そこで、お忙しいところをお願いしてレシピを送って頂きました。

夜、みわ&HONEYちゃんと一緒にお夕飯のあと、二人ともホロ酔い
気分ではありましたが、ケーキ作りタイム!
まわりで、HONEYやMAUが不思議そうに見ていました。

シンプルなケーキではありますが、胡桃とバナナがた~っぷり。
甘さ控えめで栄養満点。でもお味も抜群です。
本当に美味しく焼きあがりました。
これにミントの葉やホイップクリームなど添えたらカフェでも出せそうです!?

CAKE

次は何のケーキに挑戦しましょうか・・・!

| | Comments (4) | TrackBack (1)

March 05, 2005

上野の森で

ONGAKUDO

午後から、Makikoさんのリサイタルへ上野の奏楽堂まで。
パーカッションのみのコンサートは初めてでしたので、以前から
とても楽しみにしておりました。
彼女の演奏は、大変に力強く、でも時には優しく、目を閉じて
聴いているとそこにいろいろな世界が繰り広げられ不思議でした。

クラッシクの世界のパーカッションは、まったく知識がありませんが
「叩いて音を出す」といういちばんシンプルな楽器。
それだけに奥が深~いものなのでしょう。
とにかく、とても楽しい体験をさせて頂きました。
・・・それにしてもあのリズム感は、どこから生まれてくるのでしょうか。

何かに向かって一生懸命にキラキラ輝いている人は、やっぱりステキ!
Makikoさんのこれからのご活躍が、とても楽しみです。
ERIも陰ながら、応援させて頂こうと思っております♪

Makikoさん、リサイタルのご成功本当におめでとうございました。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

March 04, 2005

Man-yo-tei

金曜日の夜、仕事から解放されてのワインとお食事は心から楽しめます。
その為に仕事をしていると言っても過言ではない・・・!?

午前中、降っていた雪がうその様にお天気も回復して来たので、予定通り
おでかけすることに。代官山には、イタリアンやコリアン、和食など何軒かの
お気に入りのお店がありますが、こちらの「萬葉庭」もそのひとつです。

MAYOTEI

お料理は、創作和食といった感じでお味もなかなか。何より店内には
「水と花の空間」があり照明にも嗜好を凝らしていて、癒しの雰囲気を
かもしだしています。
MAYOTEI.1jpg


今日頂いた中でとても美味しかったのは、「白沙海老とアボガドの生春巻」
春らしいお味でした。

MAYOTEI3

こちらのお店、10日から一ヶ月間、桜にちなんだメニューが登場する
そうです。これからやって来る、楽しい「お花見」の後に行ってみるのも
良いかもしれません。そうそう、何か記念日に予約を入れるとヴーヴクリコの
グラスシャンペンのサービスがあります♪
これはかなり嬉しい・・・

代官山には、まだまだお気に入りのお店があります。
また機会があればご紹介したいと思いまぁす!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

THE HOURS

the_hours


先日のアカデミー受賞式以来、なぜかまた映画が観たくてたまらない病に
陥っています。最近、体調がもとにもどってきたせいなのか、他にもやりたい
事がいろいろと出て来て、もっと時間が欲しい・・・とつくずく思います。
というより時間の使い方に問題があるのかもしれません。。

昨日は、HIROの夕食もひとり分のお鍋料理にしてしまい以前から
観たいと思っていた、「THE HOURS」をじっくりと。
この映画は、2003年にニコール・キッドマンが主演女優賞を獲得した
作品で邦題は、「めぐりあう時間たち」

ニコールキッドマンが演じる1900年初めのイギリスの作家ヴァージニア・ウルフ
の書いた小説「ダロウェイ婦人」をモチーフに1950年代のLAの専業主婦
(ジュリアン・ムーア)と現代のNYの編集者(メリル・ストリープ)がそれぞれの
時代のたった一日の女性の心理を描いた作品。

なかなか奥が深い映画でした。いわゆる苦労物語の様な「女性映画」ではなく
それぞれが苦悩の中から「本当の自分らしさ」を見つけ出すといったような・・・
たとえそれが、悲しい決断だっとしても。。。

  生きるということはせつないもの。
  本当の自分の居場所を探すのはむずかしい。
  不満のない人生なんてあり得ない。。
  日常をいかに充実したものにするか
  それが、その人の価値?
  だからこそ「今」が大切・・・。

頭の中にそんなことがよぎります。

心の引き出しにせつない思いをたくさん抱えた大人の方にお薦めです。

朝、目覚めてカーテンをあけると雪景色。本来なら仕事にでかけるのも
憂鬱な朝ですがこの作品の効果なのか、少し張り切って家を出ました。
原作も読んで見たいと思っています。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

March 03, 2005

Swarovskiの魅力

先日、ヨーロッパへの出張から戻られたボスがこんな可愛らしい
お土産をくださいました。
ERIがMAUを可愛がっていることを良くご存知です。

SWAROVSKI

忙しい時間の中、いつでも出張におでかけになると必ずこうして
何か心がポッと、暖かくなる物を見つけて来てくださるお気持ちに
大変、感謝しています。

さて、
このSWAROVSKI
オーストリアのチロル地方に本社をおくヨーロッパ屈指のクリスタル
のトップメーカーです。やはり、その魅力は独自のカッティング技術。
シャンデリアなども有名で、カーネギーホールやベルサイユ宮殿など
でも使用されているそうです。

そして、クリスタルビーズの最高峰と言われるこのスワロフのビーズを
使って本格的にビーズアクセサリーの製作に取り組んでいる親友の
yumiは、本物のジュエリーに勝るとも劣らない、センスの良い作品を
数多くつくっています。
ビーズのお好きな方は、良くご存知でしょうね。。。
こちらは頂いたお気に入りのyumiコレクションのひとつ。

ySWAROVSKI


それにしても、
上のクリスタルなワンと↓のMAU なんだか表情が似ているでしょう!?

niteru

| | Comments (2) | TrackBack (0)

お雛様に願いをこめて

MOMO

右近の橘
左近の桜
五人囃子の鼓声の中を
三人官女が燗鍋ささげ
お内裏さまもご一献。。。

春の訪れをなんとなく実感出来る3月3日、楽しい桃のお節句です。
とはいえ、今日から週末にかけて雪模様らしいのですが・・・

HINA1HINA

こちらの木目込みのお雛様は、かなりの年代物(汗)
実は、お内裏様の首などはグラグラしています・・・
そーっと、そーっと、扱わなければなりません。
それでも、母の暖かい気持ちがこもっているお人形達ですので
結婚してからも、かかすことなく毎年、桃の花と一緒に飾って
います。飾る場所も、飾り方もなぜか毎年違うのですが・・・。

MAUが我が家に来てからは、女の子に幸せを一杯運んでくると
という(・・・と信じています) お雛様に、
「どうか、この子がいつまでも元気で楽しく暮らせます様に。」
と、ついつい願いをかけてしまいます。

昨日、仕事帰りにデパートの地下に立ち寄るとお節句に
ちなんだ美しいお菓子が、沢山並んでおりました。
せっかくですので、我が家のお雛様達にも、こんな可愛らしい
お供えの和菓子を買って来ました。

HINAKASHI

春よ、春よ早く来い!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

March 02, 2005

Out of Africa

out_of_africa

「Out of Africa」

数ある過去のアカデミー最優秀作品賞の中で、ERIが最も愛する作品です。
数年前に、初めて見た時の感動を今でも良く覚えています。

邦題: 「愛と悲しみの果て」  ←この邦題はちょっと頂けません
監督: シドニー・ポラック
主演: メリル・ストリープ    ロバート・レッドフォード
1985年の映画で、翌年の58thのアカデミーを独占した作品でした。

  20世紀初頭のアフリカを舞台に、愛と冒険に生きたひとりの
  女性の半生を描いた 一大ロマンス。スウェーデン貴族と結婚し、
  ケニアに渡って来たデンマーク人の令嬢カレン。
  でも、そこには幸せな結婚生活は無く、農場経営も思うように
  進まない。そんな彼女の前にサファリのガイドを務めている
  冒険家デニスが現れる。。。

・・・とこんなストーリー。
実は、この映画、実際には劇場で見ていないのです。
それが未だに、残念で仕方ありません。
舞台となったアフリカ、ナイロビの壮大な景色と素晴らしい音楽を
大スクリーンで味わって見たかった、何度となくそう思います。

この名作は、ラブ・ロマンスというよりむしろひとりの女性の生き方を
語ったものだと感じています。
カレンの生き方は、女性として心から憧れます。
彼女の芯の力強さと、その裏に隠れたなにか悲しいものに。。。

アフリカの自然の中での、カレンの現地の人々との思いやりに
満ちたやりとり、冒険家デニスとの流れる時間。
そのバランス感覚に溢れた「素敵さ」は、本当に成熟し洗練された
おとなの女性だからこそ、なのでしょう。。
2時間半あまりの長い映画ですが、ゆっくりと時間が流れ見終わった
あと、なんともいえない充実感が心を満たしてくれるのです。

  「君にこわされてしまったよ・・・」
  「何を?」
  「僕の大切な孤独を・・・」

デニス役のレッドフォードとカレンの会話。
軽~く、ため息がでます(笑)

まだご覧になっていない方は、お時間のある時にぜひ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 01, 2005

The Oscars!

poster_77

28日(日本時間)ハリウッドのコダック・シアターで
また華やかな授賞式が行われました。
映画ファンにとっては魅惑的な、年に一度のお祭りです。
 
ノミネートされた作品は、まだひとつも見ていない(涙)
ので感想はここでは述べられませんが、
今回、また監督賞を受賞したクリント・イーストウッドが
「マーティ(マーティン・スコセッシ監督のニックネーム)と
私の受賞レースのように盛り上げられたのが残念、
私は、アビエイターをはじめ彼のすべての作品を尊敬している」
というメッセージには、感動しました。
イーストウッドは、もう74歳・・・
もはや、ハリウッドの神様の様な感じさえします。

そして、最優秀主演男優賞がジェイミー・フォックスと決まった際の
ディカプリオの「苦笑い」
今年もレオ様、オスカーを手にすることは難しかった・・・。
でもこれはこれで、また大きな話題になるわけです。
 
今回、ノミネートされた作品の中でぜひ見たいと思って
いるものは、カリフォルニアのワイナリーを舞台にした
「Sideways」少しマイナーな感じがする作品ですが
ワインと人生を、どんな風に重ねあわせるのか・・・興味深々です。
それとやっぱり!「Ray」

明日は、過去のアカデミー賞受賞作品の中で
最も好きな作品について書いてみます。
 
今年のアカデミー、皆様のご感想は!?

☆アカデミー賞公式ポスター
グラフィックアーティスト、ブレット・デヴィッドソンによるデザインだそうです。
色合いがステキ。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

« February 2005 | Main | April 2005 »