« March 2006 | Main | May 2006 »

April 19, 2006

白金Stellato

       Stellato_2

  久しぶりに白金でお食事。とにかく都内だけでなく、どこのレストランにも詳しい
  友人のチョイスでステラートへ。
  店内は、とても優雅な雰囲気。素晴らしいシャンデリアや暖炉があります。
  流石、グローバルダイニング?と思わせるサービスでワインとお食事を
  楽しみました。

  こちらのお店、外人のマネージャーのせいでしょうか、海外のレストランに
  居る様な気分も味わえてなかなか良い雰囲気です。
  以前サンフランの街で行った少し古めいたワインレストランを思い出しました。
  
  お料理は、ひとつひとつのお皿がボリュームがあるので二人で前菜から
  シェアするのがお薦めです。

  レストランの中は照明がかなり落とされていて、撮影が難しい・・・。

      Stellato4
      「三陸の帆立とアンディーブのサラダ」
      Stellato3
            「有機野菜の温製テリーヌ」 
            Stella
           「岩手石黒牧場のホロホロ鶏のロースト」

   これから季節が良くなると、バルコニーもオープンしてそれはまたお洒落な
   雰囲気が楽しめるそうです。
   また、ゆっくりと訪れたいお店。 
   Tさん、あなたとのお食事は、いつも本当に楽しい! さんきゅ♪

    ところで
   

Continue reading "白金Stellato"

| | Comments (8) | TrackBack (0)

April 17, 2006

2nd 週末のお料理教室with wine

  Fleur21

   2月のお教室に続いて、第2回目の週末のお料理教室with wineは・・・
   「春を愛でる和のおもてなし」
   どのお料理も簡単に出来て、今が旬の素材を使ったお皿でした。
   季節を「食」から感じることが出来る和食。ちょっとしたコツで、そのお味が
   一段と引き立ちます。

                    本日のメニュー

               竹の子のステーキ
          万願寺とうがらしと御揚げの炒め物
              アサリとこんにゃく煮
              せりと蓬麩の白和え
           蛍烏賊とうるいとそら豆のパスタ
             わさびのアイスクリーム


  
Fleur2
Fleur4
      Fleur13Fleur18
     Fleur16Fleur10
      Fleur14Fleur11

  
どのお料理も美味しくて、皆、大満足でございました♪

  こうして見ると、美味しいお料理というのは、食材をいかに組み合わせるか
  そのセンスとアイディアが問われるものです。そして創造力ですネ
  その上、今回のメニューは、かなり短時間出来てしまうという特典もついて
  います。 これは、何より有難い。。。ヽ(‘ ∇‘ )ノ
   
     そして、この日のワインです。 
  和食と相性の良いワイン、   ハイ、沢山あります・・・

Continue reading "2nd 週末のお料理教室with wine"

| | Comments (6) | TrackBack (0)

April 16, 2006

おもしろトリオ♪

   Ruiatomau
    おもしろトリオ新結成!?   左から ATOM, RUI, MAU
   共通点があるようで、無いようなこの3wans。
   でも、とても仲良く、時には激しく?遊ぶ事が出来ました。それにしてもみんな
   泥んこになったね~。

  
    ハッキリしないお天気の日曜日でした・・・が
  お散歩コースが同じで、いつかお会い出来ると信じていた?ruipoさん
  &ルイ君にやっとご対面のチャンスが巡って来ました。

  公園での待ち合わせの予定でしたが、残念にも雨模様・・・。そこでご近所の
  akko&アトムっちを乗せ、ruipo邸まで、車でお迎えに行くことに。
  わーい!わーい! はじめまして♪♪

  まずは、こちら北青山のrieta nero リエッタ・ネロで、ランチタイム。
  頂いたパニー二は、なかなかのお味でした。

    Rita4Rita
         rieta nero 港区北青山2-9-15.   03-3401-6621

  早く、雨が上がらないかなぁ。。。 「ボクは、ふにゃふにゃ~~」
  ↓本当に驚くほどおりこうなルイ君、カフェではしっかり仮眠をとって、お散歩
  に備えます。 笑
        Rita2_1           
    。(゜0‐。) ファ~おやふみぃい。 とても気持ちが良さそうですよ☆ 
        
    
    そうこうしているうちにお陽様が、顔をのぞかせてくれました。
    さぁ、ルイ君、そろそろ起きてくださいね~♪

Continue reading "おもしろトリオ♪"

| | Comments (6) | TrackBack (0)

April 14, 2006

JILBA & KURUMI

   やっと金曜日、SHACHOの来日で忙しい日々でした。
   本当に、一日、そして一週間がアッという間に過ぎて行きます。(´`)=3

   さて、この日の夜
   楽しみにしていたおデートが実現いたしました。
   以前からBlogやメールでワインのお話しなどをさせて頂いたKURUMIさん
   そして、大好きなmummyちゃまと、素敵な時間をすごしました。
   場所は、青山のQUONS
   美味しいワインやお料理を頂ながら、楽しいお喋りは尽きません(笑)

   もちろん!この可愛い子達も一緒でしたよ♪

   Jilbachan_1
     Hi ! JILBA
            ジルたんは、いつもシッポをフリフリ、体いっぱい使って嬉しそうに
            ERIのところに来てくれるのね。 もう、たくさんハグしちゃう!!
   Marron_1

      Nice meeting you KURUMI-kun !!
    くるみくんは、まだ10ヶ月の男の子。でもママのおとなりでとっても
    おりこうさんでした。今度はお外でいっぱい遊ぼうね♪ 

   


   そして、あっという間にお別れの時間。(´∩`。)
   でも、お二人と、ワン達のおかげでしょう。 疲れもすっかり吹き飛んで行き
   ました。 またこんなおデート出来たらいいなぁあ♪
   心から、お二人に感謝です。。。

| | Comments (4) | TrackBack (2)

April 11, 2006

Ch.d'Yquem

   
   Jazznight2
   Ch.d'Yquem  1982 フ  ランス(ACソーテルヌ・第1級別級)

  世界には、フランスのソーテルヌ、ドイツのトロッケン・ベーレンアウスレーゼ、
  ハンガリーのトカイ・エッセンシアという3大貴腐ワインがあります。

  その中でも、フランス・ボルドー地方・ソーテルヌのワインには格付けがあり、
  その筆頭に君臨しているのがCh.d'Yquem シャトー・ディケム(イケム)です。

   貴腐ワインとは
   腐敗してしまったように見える干しぶどう状態の非常に糖度の高い
   ぶどう、『貴腐ぶどう』から造られる最高級の甘口ワイン
   貴腐ぶどうから造られるワインは糖度が高いため発酵は、長い長い
   時間をかけて(20年、30年)ゆっくりと進みます
 
  今回、82年のディケムを頂くチャンスに恵まれました。
  貴腐菌によって濃縮されたぶどうから造られるワインは、黄金色に輝き、
  深く甘くて・・・でも、天使のように軽やかで、文句のつけようがありません。

  ディケムが最高峰なる所以、それは、シャトーの気候条件がブドウの成育、
  貴腐菌の成長に最適な条件がそろっていること
  そして、もう一つは作り手の利益を考えるよりも第一に最高のワインをつくり
  上げるという強い理念があるということです。
  完熟したブドウを一粒づつ何回にもわけてつみとっていくワイン作り。
  最適と思われるブドウが摘み取れない年は、ワインの生産をしません。
  
  貴腐菌の作用で約80%に縮じむブドウを選別していくので、1本のブドウの
  木からグラス一杯のワインしかできあがらない貴腐ワイン 
  グラスを揺らしながら、20数年前の造り手の思いを想像すると・・・それだけ
  で心打たれます。

  数万とあるワインのなかでこれほど評価の高いワインはない・・・
  まさに、真実でした。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

April 08, 2006

茶の間でパフェ!?

   ジャジャジャジャーン!! 笑
   何年ぶりでしょうか。中目黒のカフェ「chano-ma」でこんなパフェをオーダー
   してみました。 黒蜜ときな粉のパフェなのです。
   和テイスト、甘さ控えめで「ぎゅうひ」も入っていて、美味しいでーす。

   Dsc_0740
    こちらは、桜と桃のチーズケーキ
   Dsc_0734_1  

  本日のワンたちは・・・

Continue reading "茶の間でパフェ!?"

| | Comments (8) | TrackBack (1)

April 07, 2006

Jazz & Wine

   今宵は、
  六本木の小さなBARで、素敵なジャズを聴きながらワインを頂きました。

     Jazznight1_1
           ANTINORI TIGNANELLO 1986 
      <サンジョヴーゼ種80%・カルベネソーヴィニヨン種20%>
         
  こちら、スーパートスカーナ(スーパー・タスカン)
  トスカーナ・イタリアを代表するワイナリー。アンティノーリの代表作です。
  サンジョヴェーゼとカルヴェネソーヴィニヨンをあわせた絶妙なバランス。
  ほのかなブラックベリーと樽の香りがする名作です。

       スーパー・タスカンとは、トスカーナ地方の生産者がワイン法や
    伝統にとらわれず、自由に美味しさを追求して造られたワインの
    ことを言います。
    イタリアのワイン法では、IGT(地域表示付きワイン)やVdT
    (テーブルワイン)といったカテゴリーに分類されるのですが、生産者の
    信念と情熱を持って究極の逸品として生み出されたこれらのワインは、
    世界中のワインファンから絶賛されています。
    ソライア、サッシカイアやオルネッライアといったワインがその
    代表選手。
    ただし、価格も益々上昇中、超有名ワインにも負けていません。

   そして、そして今夜
   心地よい歌声を聴かせてくださったのは、JAZZシンガーの浅田尚美さん。
   去年の年末、友人に連れて行って頂いたJAZZ Barで、偶然に彼女の歌を
   聞く事が出来て以来、 念願叶って・・・再会することが出来ました。
   歌の合間には、いろいろとお話しすることも出来て嬉しかった!
   とても気さくな方で、またまたファンになってしまいました。
   彼女のさりげない歌い方に憧れます。静かな中にもエネルギーがあって。
   
     Naomisan2Naomisan3Naomisan4
     

  それにしても、JAZZとWine 、とても相性がいい。
  味のある心地良い歌声と、ティニャネッロの奥深さ。何か共通の魅力を感じ
  ます。 尚美さん、また、きっと会いに行きます♪

| | Comments (3) | TrackBack (2)

April 06, 2006

Yurikoさん来たる!

     Quons_1
     Hi Yuri-chan   Welcome back !!  

   アメリカから出張で親友のYurikoがやって来ました。
   いつも、突然連絡してくる彼女ですが、もちろん会わないわけには
   いきません。最後に会ったのは、去年の7月・・・  
   あっという間に季節が過ぎて行きました。

   Yurikoは、ジェントルなアメリカ人ジムと結婚し二人の息子を育てながら
   好きな仕事を続けるバイタリティのある女性。もともとガッツのある人で、
   大学時代は、テニス部主将しかもインカレの選手でした。

   相変わらず元気そうなYurikoさん!
   二人の息子、マイケルもケニーも益々大きくなって、もうガールフレンド
   がいるとのこと♪ もぉ、ついこの間までBabyだったのに。。。(´∩`。)
   ちょっぴり寂しい気もします。

   仕事の都合でたった4日間しか東京にいられないYuriko 
   明日は、もう帰国です。
   寂しいけれどまたすぐ会えるね、それまでお互いに頑張ろうネ♪

   こちらは本日行った、もと紀伊国屋近くにあるQUONS  
   RFは、リゾート風のテラスラウンジ。しっかりガードされているのでこの時期
   になれば、もう夜でも寒くありません。アジアン風で良い雰囲気のお店です。
   ワインやお食事も美味しく頂きました。

   Dsc_0521
   LOUNGE BAR & RESTAURANT  QUONS
    5-51-6 Jingumae, Shibuya-ku   Tel: 5468-0633
   Dsc_0551Dsc_0588Dsc_0601

| | Comments (4) | TrackBack (0)

April 05, 2006

大丈夫ですっ て、 乾杯

    Flower1_1
    可愛らしく咲くこの花は? まだ蕾も沢山つけています。

  桜の季節が終わっても、次々と色々な花が咲き出して・・・朝のお散歩が
  楽しくなりました。 まだ少し空気は冷たいけれどやっと清々しい季節の
  到来です♪
  

  さて、
  やはり4月に入ってから、朝の通勤電車のラッシュが一層厳しくなりました。
  特に今年は、大量採用に踏み切った企業が多かったせいか真新しいスーツ
  がぎこちないフレッシュマンの姿を良く見かけます。
  -新入社員- 人生の大きな節目で、一回しかない貴重な時代。
  とにかく、元気を出して、勇気を持って頑張って!とそのひと言を送りたい。

  こちらは、
  毎年4月の入社式の日に、作家の伊集院静氏が新社会人に送るメッセージ。
  もう何年も続いています、
  実は、日経新聞に掲載されるサントリー(株)の広告なのですが、今年は4月
  3日の朝刊に出ていました。
  今回も、素敵な文章なので、紹介いたしますね。

  以下

   「人がまずあるのだ」

   新社会人おめでとう
   今春、君はどんな仕事に就いただろうか
   どんな職場であれ、君の新たな人生がそこからはじまる。
   仕事をする場所とは何だろう? 
   会社であれ、工場であれ仕事が出来る場所は素晴らしい空間なんだ
   どうして素晴らしいか?
   そこで何かが生まれ、何かが作られるからだ
   仕事とは、何かを生み、作り上げ、それが人をゆたかにするものだ。
   だから仕事には、慈愛があり、尊厳があるのだ。
   それ以外を仕事とは言わない。
   社会が先にあったのではなく、人がまず何かを作りはじめたのだ。
   権力や、金を得るために仕事があるのではない
   人がまずあるのだ。
   仕事は君の生き方だ。

   
会社は、君の生きる家なんだ。
   品性のある仕事は、君に品格のある生き方を教えてくれるだろう。
   こうして話してもすぐにはわからないだろう。
   コツを教えよう。
   恋愛指南のようだが、まず君が恋人を好きなように仕事を好きになりなさい
   君が最愛の人を愛すように職場を愛することだ。
   そうすれば君は将来、人生で何よりも価値のある、誇りと品格を手にできる。
   とてもできそうにないって?
   それが、大人の日々というものさ。
   そんな時は、一杯のシングルモルトに聞いてみればいい
   「私は大丈夫でしょうか・・・」
   「大丈夫ですって、   乾杯」 

   
  
  
学校を卒業してから、ずっと・・・仕事を続けている私。
  新鮮な気持ちもとうに消え失せて、ともすれば、不平不満を積もらせて愚痴を
  こぼす事も、 あります。
  でも、それをグッと堪えて、品性を持って仕事をする。
  いちばん大切なこと事なのです。 仕事をするのは、「人」なのですから。
  
  背筋をピシっと伸ばさなきゃ!
  この時期、フレッシュマンを横目に自分を見つめ直す絶好のチャンス。
  反省事項多いにありです (・へ・;;) 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

April 04, 2006

お気に入りの写真

   新しいカメラを購入して、あらためて写真の難しさを実感しています(-_-;

   巧く撮ろうと思えば思うほど、何だか味気ないつまらない写真になってしまう
   気がします。 下手でもいい、素人なりに生きる物の心を察した思いやりの
   ある写真、そして何か相手の心をホッ と和ます ・・・そんな写真が撮れる様に
   なりたいなぁ・・・と思います。 まだまだこれから!

   こちらは、先日友人が撮ってくれた2枚。

   Mau_mikipoo1
                                  photo by mikipoo
   Mikipoo2

   私は今、この2枚の写真がとても気に入っています。
   私の腕の中のMAUたん、安堵した表情が良く顕れていて・・・そして何より
   友人の動物を愛する温か~い気持ちが伝わってくるのです('-'*)

   とにかく、
   何事も、一朝一夕では成し得ませんねm(-_-)m
   当分、カメラと一緒のおでかけが続きそうです  o(^o^)o ガンバレ自分!

| | Comments (10) | TrackBack (0)

April 03, 2006

また来年、そして・・・

     Meguro3_1

   昨晩は、もうそろそろ終わりを告げる桜を偲んで、仕事のあとMiwaちゃん
   と目黒川へ。
   
   美しく咲き誇り、潔く散って行く桜の花。 毎年、同じ風景でありながらも
   「一期一会」の心を思い出させてくれるこの花の魅力を今年も、たくさん
     感じました。 ありがとう。。

      
     Meguro4
   
    来年は、どんな思いで桜を愛でることが出来るでしょうか・・・。
  
    そして、今年最後のお花見のあとは
              

Continue reading "また来年、そして・・・"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

April 01, 2006

FIREWALL

     003
     FIRE WALL       WARNER BROS.PICTURE Presents 

   本日、公開されたこの映画。 
   すでに先月、試写会で観ていたのでちょっとその感想を。

   IT用語で「ファイアーウォール」とは組織内のコンピュータネットワークへ
   外部から侵入されるのを防ぐシステムのこと。ネットワークへの不正な
   アクセスを防ぐための障壁です。

   映画のタイトルから想像するに、現代のネットワーク社会の盲点を風刺し、
   コンピュータセキュリティの問題点を鋭く追及する・・・頭脳戦が繰り広げられ
   ハイレベルなハイテク犯罪もの・・・の映画に違いない!
   と期待していた私でした ((o(*^^*)o))

   公式サイトは

    <あらすじ>
    男の名は、ジャック・スタンフィールド(ハリソン・フォード)。
    銀行のコンピュータ・セキュリティ・システムの専門家だ。彼が作った
    セキュリティシステムは業界で最高。最強の防衛力を誇っている。
    しかし、そこには彼自身も気がついていない弱点があった。
    その弱点に目をつけた強盗グループは彼の個人情報のあらゆる
    部分に侵入し、家族・プライバシー・自由、すべてを奪われてしまう。。。
    そして、強盗グループが彼に出したオーダーは・・・!?

    そして、感想・・・です。

Continue reading "FIREWALL"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« March 2006 | Main | May 2006 »