« April 2006 | Main | June 2006 »

May 28, 2006

緑と雨と・・・

   Izuteatime1
      あたりの緑や花々が、鮮やかに目に映ります。
        ・・・雨音を聞きながら、静かに頂くお茶もまた良いものです。
  

  帰り道、やはり別荘地の中にある一軒のカフェに立ち寄りました。
  少し年配のご夫婦
  オーナーで、もうずいぶん前に始められたカフェ。マダムのお顔と
  美しく手入れされたお庭を拝見した時、以前にも一度訪れたことを
  思い出しました。
  
  お二人とも、ワンがとてもお好きらしく、その時は私達だけだったこと
  もあってMAUに「自由にさせてあげて・・・」と仰ってくださいました。
  広いリビングルームの様なお店で遊ぶMAUを見ながら、まるで実家に
  戻ったみたいな気分でとても楽しい一時を過ごすことが出来ました♪ 
  
   どれにしようか迷ってお願いした、アップル入りのチーズタルトは、
  もちろんマダムのお手製。ほっぺが落ちそうな程美味しかったぁ! 
  Cakeを頂く為にだけ訪れても良いくらい。。。
  
   Dsc_02322710279
   Cafe ST  3-341-A Izukogen,Ito-shi,Shizuoka    0557-54-3601


 
  

Continue reading "緑と雨と・・・"

| | Comments (10) | TrackBack (0)

May 27, 2006

続 緑の中へ

   2714_1

   伊豆高原、メインの桜並木の通りの中程を、大室山に向かって左に
       入ったあたりは、美しい自然に囲まれた別荘地。 
       その中に、隠れ家のごとくひっそりと立つ瀟洒なプチホテルが
      「石の家」です。
   あらかじめ、到着時間を知らせてあったもののエントランスの前
      ではスタッフの方が
   待って居て下さいました。 きちんとした印象そして、何とも嬉しい
      心遣いです。

   278
 
   全体の雰囲気は、アンティーク調でまとめられていてホテルという
   より、どなたかの別荘にお邪魔しているという感じ・・・。お部屋には、
       ヒノキのお風呂の他に温泉の露天風呂も付いていて、お食事も
       すべてルームサービスして頂けるとのこと。
   Oh! very goo----d !! これでしたらMAUも安心。
       あとはもうひたすらのんびり~ダラダラ~するだけです。
  
   あら、↓こちらの「ごまあざらし」さん(?)、もうすでに我が家状態、
      くつろぎ過ぎ。笑
   2712_1
         
   お食事は、和洋折衷のコース料理。前菜からデザートまで満足の
   いくお味、場所柄なのでしょう、近くの富戸漁港で上がったという
   新鮮なお魚のお刺身の盛り合わせなども頂けました。
   〆の金目鯛の釜飯がまた最高でした♪ 

  *早くからシャンペンなどを頂いていて・・・ お食事の写真が
   ありません(;^_^A 
  
   MAUと一緒に気兼ねなく過ごせるお宿。またぜひ戻って来たい
   「石の家」です。

  276277
  石の家  静岡県伊東市大室高原6-650   0557-51-8716

| | Comments (12) | TrackBack (0)

May 26, 2006

緑の中へ

    Lakeippeki_2

  週末・・・緑溢れる伊豆高原へ。
  ①MAUと遊ぶ ②ゆっくり温泉 ③美味しいお食事を頂く 今回の目的です。
    (笑)

  お昼頃に出発。海沿いの道を順調なドライブで高原に到着。お宿に
  チェックインする前に、一碧湖あたりを少し散策しましょう。
  MAUと林の中を探検?したり、お花達の写真を撮ったり、一碧湖ホテルで
  紅茶&ケーキを頂いたりして過ごしました。
  このあたり、以前よりワンと一緒に過ごせる場所がとても多くなりました。
   Dsc_0067Htl3Htl1

  MAUも普段よりずっとのんびりしていて、緑の中で楽しんでいる様子
  ・・・よかった♪
  これからも、出来るだけMAUを自然の中に連れて行きたい。
  都心のカフェで大人しくしているよりMAUよりも、ずっと似合っている
  ものね~。
  海へ、山へ! 沢山の想い出を大好きなMAUたんと一緒に作りたいなァ
  o(^o^)o

    Lakeippekimau_2

 さぁ、MAUたん、疲れたね・・・ そろそろお宿へ向かいましょうか!

| | Comments (6) | TrackBack (0)

May 25, 2006

meisje*meisje

  今日は、私のお気に入りをご紹介いたしまぁす。
  トールペイントで描かれた上品で美しい時計とブックカバー。 
  今、私が愛用している物です。
 
   Meisjemeisje2

  実は、こちらmeisjeママに無理を言ってオーダーさせて頂いた物。
  以前にお願いしたこの時計。大好きで愛用しているので今回ぜひ、色違いが欲しか
  ったのです。 そして、イニシャル入りのBook Coverは以前BLOGで拝見しひと惚れ!
  皮のカラーだけは、リクエストさせて頂きましたが絵柄などは、すべてmeisjeママの
  イメージでいうことでお願い致しました。 meisje*meisjeトールペイントコレクションの
  ファンとしては、それが一番ステキに仕上がることがわかっていますから♪♪
 
  Meisjemeisje1
 
    
  またまた、想像以上に美しく出来上がって参りました。
  ママの想いがこもった世界でたったひとつの時計。大切大切に使わせて頂きます。
  そして、このブックカバーのおかげでしょう、文庫本をいつも持ちあるいているせいか
  読書熱が再燃! ちょっとしたことで楽しみが増えたりするものですね。
  バッグに忍ばせているととてもお洒落な感じですし☆

  cookieママさん情報によると、盛夏に似合うバングルタイプの時計があるとか・・・!?
  ・・・ほ、欲しい!!!! ! ((o(б_б;)o))  笑

  ライトの当たる位置や背景を少し、変えて撮ってみました。

Continue reading "meisje*meisje"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 24, 2006

San Francisco Vol.5

   Unionstreet

     サンフランの高級住宅地、パシフィックハイツとマリーナ地区にはさまれたお洒落な
     ストリートが、こちらUnion Streetです。 アメリカらしからぬ?洗練された感じのShop
  やカフェが集まっていて、のんびりとショッピングや、お食事などが楽しめる所です。
  東京で言うと・・・代官山みたいな感じでしょうか。 ワンこ連れも多いσ(^○^)  
 
  Unionstreet3Unionstreet4 Unionstreet9

  お散歩した日は、ちょうど日曜日の午後・・・
  ワンと一緒に、お散歩したりカフェでワインを楽しんでいる人達をたくさん見かけました。
  私も隣にすわって、グラス片手にそのワン達にちょっかい出したりしてましたけど(笑)
  歩いていると可愛いDOG SHOPも発見♪ その近くのチョコレート屋さんも美味しそう!
  ついでに、セレクトSHOPやジュエりーSHOPも覗いてみようっと o(^^o)(o^^)o
  
  Unionstreet8Unionstreet12Unionstreet6             
  Unionstreet13Unionstreet5

  ダウンタウンから、ここまでは車でで20分くらい。MUNIバスでも行けます。
  ケーブルカーでしたら、POWELL-HYDE Lineで、ロシアンヒルを越えた所です。
  
  ユニオンからフィルモアStまで坂道を昇って、下のほうを見下ろすと住宅街の向こう
  には、また海が見えて・・・なんともいい感じ。こんな優雅な景色の見える場所で
  いつか暮らしてみたいものですねぇ。
  サンフランって、本当にどこを切り取っても絵葉書になりそうな場所ばかり\(・o・)/

     Dsc_0154

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 23, 2006

ナイロビの蜂

     323841view017  
  The Constant Gardener 

Filming Locations:
Kenya, Africa
London, England
Winnipeg, Manitoba, Canada
Berlin, Germany

   先日のこと、親友Atsukoさんからのお誘いで久しぶりに映画とワイン。
   お互いに忙しかったけれど・・・やっと会えたね♪ やっぱり、あなたの笑顔を見ると
   何故かホッとするの('-'*)

   さて、
   この日の映画は、今あえて「ダ・ヴィンチコード」ではなく、笑 邦題「ナイロビの蜂」
   オリジナル「THE CONSTANT GARDENER」を、 六本木ヒルズのシネマにて。
   ダ・ヴィンチ・・・の影響か、ハリウッド映画の様な派手な広告がなかったせいか
   かなりの空席でした。 Atsukoしゃんも私もキョトン(∵)

   でも!
   この映画ぜひぜひ、観て頂きたいです。私は個人的にこの種の映画が好きです。
   公式サイトには「世界中が絶賛した壮大なラヴ・ストーリー」とありますが、そんな
   安易なものではない・・・言ってみればかなり手応えのある社会派映画の様な気が
   致します。 もちろん根底にあるのは、深い愛と哀しみなのですが。。。

   貧困と飢餓にあえぐナイロビの地に隠された先進国の汚い思惑、自らの命の危機
   も恐れずに、それに立ち向う強い信念を持つ主人公の妻テッサ。 そして彼女の
   死後、アフリカの壮大な自然の中で主人公ジャスティンの深く重い悲しみと怒りが
   徐々に膨らんで行きます。
     
        Constant3
       ナイロビの子供達。。どの子も美しい目をしています・・・

   主人公ジャスティンを演じるレイフ・ファインズは、かなり前の映画(96年頃)
   「English Patient」の主演アルマシーでした。好きな俳優のひとりです。静かな
   佇まいが、ある意味セクシーで魅力的。妻のテッサ役は、アカデミー助演女優賞を
   受賞したレイチェル・ワイズ。そして、監督は「シティ・オブ・ゴッド」でブラジルの
   衝撃的な現実を描いたフェルナンド・メイレレス。・・・となかなか豪華な顔合わせ
   でもあります。

        323841view004
       このシーンは、胸打たれます。。。

   
   私にとって良い映画と思えるのは、見終わって数日してから、ズーンと心に響いて
   来る・・・そして再度じっくりと観たくなるそんな作品。まさに、この映画はそうでした。

   それにしても、
   アフリカの現実は、相変わらず厳しい。スクリーンにナイロビのリアルなスラム街が
   映し出された時、あらためて「生きる」ということ考えされます。
   そして、「命の重さ」 
   アフリカ諸国における、根の深い先進国のエゴイズムはこの先も続くのでしょうか。

   あらすじなどは、こちらから   
   

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 21, 2006

素敵なおふたり!

  2mamas

  やっと、やっと初夏を感じる気候になって参りました!!!!
  夏が大大大好きな私は、それだけで今ひとつスッキリとしなかった体調も良くなって
  来ます。笑

  さて、今日は以前から楽しみにしていたお約束の日。 Meisjeママ& Cookieママ様
  とのイタリアン・ランチ♪ 高速を飛ばして、miwaちゃん+H+L+MとLet's go!!
  お久しぶりのmeisjeママ、そしてはじめましてのcookieママ様、お二人は、優しくて
  お洒落でとても素敵な方達なのです。 ↑   

  プーちゃん達も、もちろんこの通り↓ So Cute!
    Cookie
   Meisje

  meisjeちゃんは途中で、少し具合が悪くなってしまって可哀想でした。
  でも、すぐに元気になってお散歩も出来たのね。よかった~。
  レストランの近くの大きな広場には、シロツメ草やポピーが沢山咲いて
  いてワン達も大喜びでした。 
  
  そして、お決まりの集合写真ですが・・

Continue reading "素敵なおふたり!"

| | Comments (10) | TrackBack (0)

May 20, 2006

草花カフェ

  May2012_2
  May2011_1
  「西庵」 世田谷区岡本1-6-12 TEL 3708-8516 open 11:00~18:00
    May2013May2014jpg
  
  久しぶりに朝から気持ちの良いお天気です!お掃除して、お洗濯も沢山して・・・
  サッパリ♪ さぁ、皆でランチに行きましょう! 
  世田谷の住宅街。静かな一軒家のカフェ。週末だけオープンするというこのカフェは、
  ご主人の手打ちのお蕎麦が頂けます。
  お庭には、沢山の草花達が、こんな自然な感じのガーデニングも良いものですね。
  
   May209
   お待ちかねのお蕎麦が来ましたよー。冷たいおつゆには揚げたお茄子、半熟卵、
   しめじ、さやいんげんなどが入っていて美味!

  
  その後
  ランチのあとは、車をおいて公園でお散歩。 うーん、3娘だとバランス悪いわね~。
  LEMONたんにもお友達が必要かなぁ。 
  MAUたんはどう思う???  ヾ(~∇~;)

  May207_1   

| | Comments (12) | TrackBack (0)

May 19, 2006

HONEY & LEMON

        May201    
    おかあしゃん、またお写真ですかぁ??  ・・・とでも言いたげなMAUたん

       週末、HONEY & LEMON そしてMAUの3娘は揃ってトリミング。 
       私が忙しかったので、送り迎えをMiwaちゃんにお願いしました。 ありがとう!!
   
       そして・・・
   そうです!生後4ヶ月のレモンたんはCOLORさんで初めてのトリミングでした♪
   初めてなのにと~ってもおりこうさんだったのですって!!

    May202

  きゃ、きゃわゆーーーーい!
  ついに!?くま子ちゃんから、ワン子になりました(笑)
  そして、このちびっ子さん、カフェやレストランではとても良い子です。ママのお膝や
  バッグでおとなしくしているの。 そして遊びつかれるとこんな風にひとりでぐっすり
  おねんね♪

    May205

   カフェで、スヤスヤ・・・楽しい夢を見ているお顔ねぇ~。
   以前、HONEYさんとお揃いで買ったレースのお洋服。MAUにはもう小さいので
   LEMONたんに着てもらいました♪

   そして
   私の今日の一番のお気に入りのお写真は、こちら。

Continue reading "HONEY & LEMON"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 12, 2006

Napa/Sonoma County vol.4

 旅のお話し、コチラの続きです。
   
   Gloriatop
    ☆グロリアフェラーのスパークリングワインは、2004年 「ワインスペクテイター・
       ザ・トップ100(ワイン・オブ・ザ・イヤー)」にも輝いています。

  ソレイユ・デゥ・オーベルジュをあとにし、またまた、ワイン畑の中をドライブ。
  そして到着したのが、Sonomaにある、高台から葡萄畑を見下ろすスパークリング
  カーヴGRORIA FERRERでした。 これまた素晴らしいロケーションです!
  
   Gloria3
   Dsc_00091
   Gloria6

  カーブのショップで買い求め、テラスで頂いたブラン ド ノアールは、ピノノワールの
  力強さによる華やかさと、デリケートで上品な味わいが楽しめます。↓
  泡もの系が、大好きな私としては大満足で、また思わずそこで同じものを一本購入
  しました。

       Gloria10jpg

  それにしても、NapaやSonomaには沢山のスパークリングカーブがありますが、
  瓶内二次発酵方式のシャンパン製法でバリューの高いものばかり。 
  当然お値段もそれなりになりますが、シャンパーニュのものに比べたらお手ごろ。
  これから、カリフォルニアスパークリングをいろいろと試してみようと思います。
  ワクワク。

    それにしても、感謝すべきは、Kei君とEric先生。心からお礼を言わせてね。 
  楽しかった!! またすぐに戻って来ます♪♪ 
  
      Gloria8jpg
      ご機嫌なEric先生。
      こちらのテラスではWedding Partyなども行われるそう! 素敵!

     サンフランに戻ってからは、またのちほど・・・(^ー゚)ノ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 11, 2006

何が聞こえるの?

      Akiyakaigan
  HIROさんに甘えるMAUたん、思いきり片方のお耳が立っています。笑 
  海から突然風が吹いて来たのか、それとも波の音を聞いていたのか・・・な?

  GW後半のある日、とても良いお天気でしたので遅めのランチをしようと
  湘南へ。この日は、いつもの鎌倉界隈ではなく、葉山方面に車を走らせ、
  3人で秋谷海岸にあるレストランへ行ってみることに。

  真っ青な海が目の前に広がって、ロケーション抜群なこちらのお店。
  期待していなかったのですが、なかなかのお味でした。
  特に、こちらのシーフードサラダが最高!
   Akiyakaigan2
   Akiyakaigan1
  テラスのお席からは、きっと美しい夕日が見られそう♪ 
  今度はお友達も誘って来ようネ  MAUたん!
       Dsc_0425

   

| | Comments (12) | TrackBack (1)

May 10, 2006

Napa/Sonoma County vol.3

   Augergedesoliel_1
     Auberge du Soleil   click!
    
180 Rutherford Hill Road Rutherford, CA, USA


  フィガロジャポン誌にも掲載されたことのある「オーベルジュ・ド・ソレイユ」は
  南仏の避暑地にあるリゾートをイメージしたホテル。1NIGHT 、$600以上は
  するらしい・・・ パーキングには高級車がずらり。ベイエリアのエリート達が
  集まる場所なのでしょう。ウェディングパーティなども多いそう。 ステキ・・・♪
  この日は、土曜日でしたので賑やかで、皆楽しそうにグラスを傾けていました。
  とにかく良い雰囲気。

  またまた、私とkei君は、スパークリングを、Ericはドライマティーニをレストラン
  のテラス席で飲みながら素晴らしい景色を眺めてのんびり~。

  Augergedesoliel2
  Augergedesoliel3Augergedesoliel4
  Augergedesoliel1_1

 いつかMAUたんも連れてこんなリゾートで過ごすことが出来たらいいなぁ。
 夢は広がります・・・o(^^o)(o^^)o

 さぁ、まだまだ、夕暮れまで時間はあるけれど・・・!? 
 (日が落ちるのは、8時半頃です)
 
  

 

| | Comments (6) | TrackBack (0)

May 09, 2006

Napa/Sonoma County vol.2

   
  Napa13
    Quintessa 1601 Silverado Trail Rutherford, CA 94573 
                         Phone 707 967-1601

  カリフォルニアの超一流ワイナリーが欲しいと願った最も高貴な畑を持つ
  Quintessa クインテッサ。 

  ロバート・モンダヴィ、ジョセフ・フェルプスやベリンジャーなどといった一流
  ワイナリーもこぞって欲しがった優良地として人気の畑を手に入れたユネウス
  家は、1990年クインテッサを設立しました。

  72ヘクタールの畑は、ナパ・ヴァレーの東に位置し各ブロック毎で異なる気候
  を持ちそれぞれ性質の異なる土壌では、樹齢約7年のカベルネ・ソーヴィニヨン
  カベルネ・フラン、メルローが有機農業の定義に基づき栽培されています。
  ここで産まれるプレミアワインは、ラザフォードの気候、そしてユニークなテロ
  ワールが反映されており、印象的な香りを放ち完熟したベリー系の果物の甘さ
  が口中を満たして、深みのある味わいを持ちます。

  Tourといっても、この時間は私達だけ。まずは畑が見渡せる場所へ。
  なんて気持ちの良い場所なんでしょう!!思わず大きく深呼吸です。

     Napa9

   そして、ツアーの締めくくりは、もちろん美味しいチーズをお供ににテイス
   ティング。 想像していた以上に、バランスの良い上品で洗練されたお味に
   感動! 先日、友人のブーレさんのご好意で頂いたこちらのワインといい、
   恐るべしカリフォルニアワイン!! もぉ、上手く表現出来ません。 
   ・・・おいしいのよぉ~~としか言えませんから。 笑

      Napa10Napa11_1Napa12_1
      Gallery1Gallery
   
  ワイナリー名の「Quintessa・クインテッサ」は「精神、神髄」と言う意味が
  あるそうです。 まさに、造り手の魂がこもったワインなのでしょう。
   
  あ、もちろん、この「Quintessa」 ワイナリーで購入し我が家まで、大切に大切
  に持って帰りました。ただ今、おとなしくセラーで眠っておりますが、頂くのは
  もう少し熟成してからでも良さそう。。。
  でも、ついつい飲んでしまいそうで・・・なるべく見ない様にしています‥)チラッ

  続いては、とても素敵なAubergeへ♪

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 08, 2006

Napa/Sonoma County vol.1

  サンフランから車で経った1時間半弱。
  そこには、お腹も心も満たしてくれるワインカントリーが広がっています。
  こちらへは、もう何度も訪れていますが毎月、いえ毎週末でも行きたい所。
  いつでも、明るい陽射しと美しい緑と木々達が迎えてくれます。

  Napasonoma_1
  
  Tonapamap_4
 カリフォルニア州内には、約700のワイン工場
 があります。カリフォルニアワインは、主に9つ
 の地域から生産されていて、言うまでもなく土地
 によって気候、土壌が変わるのでワインの性格
 や質はまったく異なるものになります。
 その中で、特に上質のワインを産むのが、ナパ、
 ソノマ、カーネロズなどの地域。この地域は隣接
 していて、それぞれに素晴らしいワインを生産して
 います。サンフランの北の海岸線に位置するのが
 ソノマ地域。ソノマの東側の盆地がナパバレー。
 そのすぐ南がカーネロズとなっています。  click! ↑

                                                  
  Napa19_1

  現在のカリフォルニアワインのほとんどのぶどう品種は、アゴストン・ハラジー 
  (Agoston Haraszthy、カリフォルニアワインの父と呼ばれています、)によって 
  1860年頃にヨーロッパから輸入されたもの。
  その後、禁酒法や病原虫被害など様々な難を克服し現在に至ります。
  ヨーロッパの優れた葡萄品種を、恵まれた天候と高度な醸造技術で造られる
  為に、質の高い素晴らしいワインが生まれました。
  もはや、その資本力も手伝って(それがあるからこそ)、フランスのブルゴーニュ
  やボルドーの老舗有名ワインと匹敵する、いえそれ以上のワインが数多く生ま
  れています。 今回もカリフォルニアワインの奥深さを実感しました。
 
      Napa20_1
  州の花 California poppy 後ろは、シャルドネが有名Trefethen Vineyards

  本日は、Napaでワイン造りを指導しているEric がドライブ&ガイドをして下さる
  ということ。ホテルのラウンジで到着を待ちわびます。笑
  
  さぁ、出発!
  まずは、腹ごしらえ&ワインですってo(^o^)o 

Continue reading "Napa/Sonoma County vol.1"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 07, 2006

San Francisco vol.4

   Unionsquare_1

  ダウンタウンの中心、ユニオンスクエア
  ショッピングディストリクトの真ん中にあって「SAKS FIFTH AVENUE」
  「Neiman Marcus」「MACY'S」といったデパートや多くの有名ブランドショップ
  などがそのまわりを囲んでいます。
  そして、スクエアの西側に建つThe Westin St. Francis は由緒あるホテルで、
  この趣のある建物が、また良い雰囲気を出しています。
   
  ダウンタウンで働く人々が、コークとハンバーガーでランチをしたり、
  ショッピングを楽しむ人々がブレイク、待ち合わせをしたり・・・
  週末には、様々な分野のアーティスト達がやって来て自分の自慢の作品を
  並べるスペースにもなっている様です。

   Unionsquare5 Unionsquare1
   Unionsquare
    
     ショッピングのお薦めは、やはりこちら 「Neiman Marcus」
         Unionsquare6

  ご存知の通り高級デパートですが、その中でちょっとした小物や雑貨、SALE
  品を探すのが好き。同じブランドでも日本にはない色合いのものに出会ったり
  します。他に、イタリアものでは、スクエアからすぐ近くのGRANT・AVEの角ある
  「EMPOLIO ARMANI」 かつてケーブル博物館だったところをブティックに変え
  た為、店内は広く明るい雰囲気で、中央にあるカフェも素敵です。。
  カジュアルラインでは、やはりバナリパ。こちらのお店も広々としていて最近は
  バッグやシューズなどの品揃えも充実しています。
  他には、San Francisco Shopping Center
  こちらはモールですが、4階以上には「NORD STROM」があってここもお薦め。
  (掘り出し物がみつかる確立が高いです、笑)
    
  そして、今回、滞在していたホテルは・・・

Continue reading "San Francisco vol.4"

| | Comments (8) | TrackBack (0)

May 06, 2006

たけのこ堀り

  San Fran日記は小休止。
  今日は、GWの後半の楽しい出来事を♪
 
  東京に戻ってからは、HIROの波乗りにおつきあいして湘南に行ったり、Miwa
  ちゃんのパパの別宅、九十九里の「こだわりの家」でBBQパーティをしたりと、
  海三昧の日々でした。 ( この様子は、また後ほどアップします )
 
  さて、
  この日は、いつもの仲良し仲間でakkoちゃんご夫妻のご親戚のお宅にある
  美しい竹林で「たけのこ堀」を体験させて頂きました。以前から楽しみにして
  おりましたのでHIROも私もワクワクです。 何しろ生まれて初めてですから!
  o(^o^)oo(^o^)o

   Takenokohorimain

  千葉県、野田市まで、1号車、2号車高速を飛ばしてGO!
   到着したお宅は、それはそれは立派な日本家屋でした。良く手入れされた
  お庭には、美しい皐月や菖蒲が咲いておりました。
  ご親戚のおじ様とおば様のご案内で裏の広い竹林へ。お二人の丁寧な
  ご指導のもと、それぞれにクワやスコップを持って「たけのこ」と格闘です。
  思っていたよりずっと根が深くて私は、途中でくじけてHIROにバトンタッーチ。
  まわりでは、ワン達が不思議そうに見学していました。
  あ!でも、S君はママの奮闘をよそに、採れた「たけのこ」のはしっこをかじって
  おりましたが・・・笑 (写真 中央)

   Takenoko1_2Takenoko4_1
           Hiro                              Scott
   Atom_1Chocolat_3
                         Atom                           Chocolat
   Takenoko3_2
                              Puccin   Takako   S君
   Takenoko11Tajenoko5_1
              JILBA         HONEY     MAU
                              ここ掘れワンワン!!
  
  汗をカキカキ、みんな頑張ってかなりの量を掘ることが出来ました♪
  新鮮なたけのこが山盛り!
   Takenoko9
   Takenoko8
  そして、お土産にこれまたフレッシュな「蕗」も頂きました。
  
  さぁ!今晩のディナーは、竹の子と蕗のご馳走です。
  香り高い自然の恵みで乾杯!
  
  今日は、お付き合い頂いたのでMAUたんにもご飯も少したけのこを入れて
  みましょう。

Continue reading "たけのこ堀り"

| | Comments (10) | TrackBack (1)

May 05, 2006

San Francisco vol.3

   Fwq

  イタリア人漁師の船着場として栄えたフィッシャーマンズワーフは、港町である
  サンフランを代表する人気の観光エリアです。
  カモメが飛ぶヨットハーバー、大きなお鍋から白い湯気を立てるsea foodの屋台
  かつての波止場の雰囲気は今も健在です。
            
   Fw4Fw3
      Fw6_1
   Fw5Fw2
  
  友人の話しによると、今年に入ってから天候不順が続き、雨ばかり降っていた
  そうですが、私が滞在中は、とても良いお天気に恵まれカリフォルニアらしい
  青い空のもと気持ちよく楽しい日々が過ごせました。この日もクラムチャウダー
  を食べながらのんび~り。 
  *但し、夜はとても冷え込みます。。。((+_+))

    
  こちらの写真は、

Continue reading "San Francisco vol.3"

| | Comments (8) | TrackBack (0)

San Francisco vol.2

   Cablecar
      こんな風に、ステップに立っている人をよく見かけます。
      これが正しい乗り方。笑

 
  「チンチーン」という鐘の音、ゴーッという独特の地響きの音・・・
  ケーブルカーがやってくると、サンフランの街にいる事を実感します。かなりの
  傾斜の坂道をグングンと登って行くと、突然ベイの真っ青な海が現われる、
  そんな景色に何度となく感動します。
  

Continue reading "San Francisco vol.2"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 04, 2006

San Francisco vol.1

   Dsc_0018
  ダグラス・クロス作曲 ♪「I left My Heart in SanFrancisco」  から♪
    
    
太平洋とサンフランシスコベイに架かり、「サンフランシスコ」を象徴する
     ゴールデンゲートブリッジはいつ見ても本当に美しい・・・

  
    San Francisco  
  以前から度々訪れる機会に恵まれました。
  そう、初めてU.S.に足を踏み入れたのもこの街でしたから。
  想い出多き坂と霧の街・・・サンフランシスコ、ベイエリア。 久しぶりの訪問
  そして懐かしい友との再会に心からhappyな日々でした。

Continue reading "San Francisco vol.1"

| | Comments (6) | TrackBack (0)

« April 2006 | Main | June 2006 »