« お散歩バックン | Main | 継続は美貌なり »

July 04, 2007

Memory of wine - Hawaii

                   Halememory
     先日、
     ある方に、特にあなたのお好きなワインは何でしょう?と尋ねられました。

     それからというもの・・・いったい今まで頂いたワインの中でどのワインがいちばん
     美味しくて、満足! と思えたのか考えて続けています。
     あー、沢山あり過ぎて・・・わからない、笑

     でも、ワタクシの大好きなワイン達。
     それには、もれなくステキな想い出がついてきます。

     これまでに参加したワイン会やお食事会などでは、逸品といわれる素晴らしい
     ワインに数多く巡り合いました。知名度や伝統のあるワインは、やはりそれ相当
           の深い味わいがあります。それはもうため息が出るくらい・・・
     でも、それよりもその時頂いたワインとの想い出が印象的であればある程、その
     一本は忘れられない一本となります。
     価格や銘柄には関係なく・・・とても愛おしいワインに。

     幸せな事にワタクシには、そんなワインに纏わる想い出が本当に沢山あるん
     です^^

     今日はそのひとつを・・・ オアフ島でのこと。

     まだワインの知識もそれ程なく、少しだけ勉強を始めていた頃のこと、ずいぶん
     昔です(汗) 
     オアフでトップクラスのレストランの「ワインリストを見てみたい!」との思いから
     ハレクラニのメインダイニング「ラ・メール」に予約を入れ食事にでかけました。
     (少々無理して・・・!?)

     最初にグラスでシャンペンをオーダーし、その後ワインリストを見せてくださいと
     お願いすると、想像通り分厚い立派なリストをソムリエが私の前に気持ちよく広げ
     てくださいました。

     その頃から、私はボルドーのしっかりとしたかつ、エレガントな赤ワインが大好き
     でしたので、ボルドー左岸、サンジュリアンかポイヤック村産を選びたい・・・と
     ページをめくると・・・思った通り、ヴィンテージも含めて素晴らしいラインナップ。 
     さすが、ハレクラニ。 但し、お値段にびっくり(゚ロ゚;) ・・・って当たり前です、
     たぶん、当時で$300以下のワインはなかった様に記憶しています。

     どうしましょう・・・と
     しばらくりストとにらめっこしていると、先程のソムリエがやって来て我々の好みを
     丁寧に聞いてくれました。そこで彼が薦めたのは、カリフォルニアワインでした。
     でも、生意気にも、「どうしてもボルドーが飲みたいの、でもバジェットが・・・」と
     小さ~な声で伝えると、彼は笑顔で
     「MS.○○○、私に5分時間をくださいますか」と聞いてきます。

     そして、きっかり5分後・・・
     額にキラリと汗を光らせた彼が私達のテーブルに戻って来て
     (階下のワインセラーまで走って行って、探してくださったのです)
     「MS.○○○、こちらはいかがでしょう・・・$○○○ですが、きっとご満足頂けると
     思いますよ」 と自信を持って薦めてくださいました。
     それは、ボルドー・サンジュリアン クリュブルジョワ、シャトー・グロリアというワイ
     ンでした。 しかもヴィンテージはまさに私が望んでいたもの。
 
      *グロリアは格付けこそありませんが、今では四級以上に格上げするべきと
       評されるほどの実力のあるシャトーです。

     実は私は彼の額の汗を見た瞬間に、もうどんなワインでもよかったのです。
     このソムリエ、Mr.Rのサービス精神とさりげない優しさを感じて感激いたしました。
           「ラ・メール」でワインリスト以下の価格の物をリクエストしてしまったワタクシ(_ _)
     若気の至りとはいえ今思うと恥ずかしい・・・
     でも、彼は最高のサービスで私達をもてなしてくれました。その後も、何度も私達
     のテーブルに来て、ちょっとした楽しいワインのお話をして下さったり・・・
     (心配だったのね・・!?)

     あの時のシャトー・グロリアのお味は今でも忘れられません。まろやかでふっくら
     としていました。ステキなハワイの夜だった・・・

     そして、チェックを済ませ、レストランを後にする時に私が
      「今日はありがとう。また次回もワインを選んでくださいね、今度は走らせたり
      しないわ・・・」と言うと、ソムリエのMr.Rは、 いたずらっぽくウインクして
     「Mahalo またお会いましょう」と笑顔で答えてくれました。

      
       おしまい。
 
       次回は、どの想い出話しにしようかな。 笑

|

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52626/15648164

Listed below are links to weblogs that reference Memory of wine - Hawaii:

Comments

めぐさん、はじめまして!
そしてコメントを有難うございます♪とても嬉しいです。
今、めぐさんのサイトを少し拝見いたしましたが
かわゆいチワワちゃん達ですね~。
そして、なんてステキでお洒落なサイトなのでしょう!

我が家のワンは、トイプーですが、ワンとワインがお好きな
めぐさんと是非仲良くして頂きたいです。

リンクの件、有難うございます!喜んで!
これからもどうぞ宜しくお願いいたします。
また遊びにいらして下さいね。コメントもお待ちしています。

ワタクシも後ほど伺いマース☆

Posted by: ERI to めぐさん | July 06, 2007 at 16:52

こんにちは^^
はじめまして!
チワワ3匹飼っている「めぐ」と申します♪
偶然こちらのサイトを見つけ
ゲストブックに書き込みしようか、ブログにコメントを
残そうか迷ったのですがこちらに...

ワインお好きなんですね☆
しかも勉強されてたなんて~素敵です@^^@
我が家もワイン好きです。詳しくないですが...

それにこちらのブログの写真は素晴らしく!美しいですね♪
見てるだけで楽しくなってきました☆
もしもご迷惑でなければ、私のHPにリンクさせて
頂きたいのですが....犬のサイトですが...^^
宜しくお願い致します。
またブログ拝見しにきますね♪♪♪

Posted by: めぐ | July 05, 2007 at 11:08

Post a comment



(Not displayed with comment.)